おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ながいかみのラプンツェル」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ながいかみのラプンツェル 作:グリム
絵:フェリクス・ホフマン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1991年
ISBN:9784834002096
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
「ながいかみのラプンツェル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アレレレレ?

    「ラプンツェル」の話ですが、読み終えて感じたのは「アレレレレ?」
    自分の知っている話とどこか違うのです。
    あの王子様はラプンツェルを探し求めてさ迷い歩いたのではなかったんでしたっけ?
    お話はラプンツェルと王子様が幸せに暮らすところで終わったんじゃなかったでしたっけ?
    瀬田さんの「ラプンツェル」は、かなり内容に変化を持たせています。
    王子様はラプンツェルのいる塔から落とされたとき、ラプンツェルはまだ塔の中にいたのです。
    (自分が知っているのは、ラプンツェルが魔女に追放されてことを知り、失望のあまり自ら飛び降りた王子様なのですが)
    目の前で王子様が塔から落とされたのは、ラプンツェルにとって衝撃でした。
    ラプンツェルは自ら塔から飛び降り、王子様の後を追うのです。
    そして、幸せに暮らしたのでした。
    メデタシ、メデタシ。
    (こちらの方がロマンチックかも知れません)
    この話にはおまけがあります。
    塔に取り残された魔女は、自分で塔から出ることができず、飲まず食わずでリンゴほどの大きさに縮んだところで、大きな鳥に連れられて子どもたちの餌になってしまいました。
    (なんとイソップ物語的な、因果応報の勧善懲悪ストーリー。でも、よく考えたら、どうして魔女は自分で脱出できないの?マヌケな話)
    親切に絵もあるのだから、こういうバージョンがあるのですね。

    ところで、私の知っている「ラプンツェル」は、飛び降りた王子様は盲目になって、何年もさ迷い歩いた末に、ラプンツェルに再会するのです。
    幻想的な話でしたが、不思議なのはその時ラプンツェルに双子の子どもがいたことです。
    何かの象徴のように思いますが、突っ込んで考えると意味深長です。
    瀬田版は、大人のグリム童話を子供向けにアレンジした作品でした。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ながいかみのラプンツェル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / わたしとあそんで / 赤ちゃんのはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット