おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ながいかみのラプンツェル」 大人が読んだ みんなの声

ながいかみのラプンツェル 作:グリム
絵:フェリクス・ホフマン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1991年
ISBN:9784834002096
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
「ながいかみのラプンツェル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 深い闇に射すものは、

    ホフマンの描く絵本たちには、様々な形ではあるけれど、どれも愛を感じずにはいられません。
    ラプンツェルは、その中でも私が最も切なく苦しいほどの愛を感じた、とっておきの一冊です。

    「残酷」とも思われるような表現があるのも確かです。
    けれども、闇があるからこそそこに光が射すように、この残酷さこそが、この本で描かれた愛を、より強く美しく見せているのではないでしょうか。
    瀬田さんもホフマンも、この絵本中、その闇の部分をかなり色濃く映し出しているように感じます。
    ですから、ここまでのものを、子どもに見せるのは!という方が多いということにも、納得いきます。
    でも、私はきっと、子どもにもこの絵本を与えます。
    だって、子どもにその残酷な部分を見せることの、何がいけないのでしょう。
    辛いこと、悲しいことからは、どうしたって逃れられません。
    どんなにもがいてみたところで、より深く沈んでいくばかりです。
    その恐ろしいものたちと、空想のお話の中ですら、子どもに向き合わせないだなんて。
    それは子どもにとって、本当にいい選択といえるものなのでしょうか。

    絵本とは、現実とは違う夢の世界に、私たちを連れて行ってくれるものではないでしょうか。
    そしてそれは、必ずもとの世界に帰って来られるという、絶対安全保障付きのものなのです。
    ぜひ、沢山の夢の旅を、子どもにはさせてあげたいと、私は願っています。

    掲載日:2012/01/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大人のためのラプンツェル!

    「ラプンツェル」のお話はグリム童話でもあり,1冊は手元にほしいと何冊か読み比べていますが,それぞれ雰囲気や味わいも違い,読み比べてみるのも面白いですね。
    こちらの「ラプンツェル」は,ホフマンと瀬田貞二さんという私が好きなお二人によって描かれた絵本。
    読みながらドキドキ緊張さえする本格派「ラプンツェル」という感じに思いました。
    グリム童話ならではの怖さもあり,イラストも大人っぽく可愛らしいという感じではない。
    その分,大人のためのラプンツェル!という印象でした。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 久しぶりに読みました

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ラプンツェルのお話、久しぶりに読みました。
    4歳からとありますが、人によってはこどもに読むのをためらう人もいるかもしれません。
    ディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」とは全然違うお話です。
    ちょっと残酷かなというところもありますが私はこれでいいと思います。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ん坊時代の「ラプンツェル」が怖っ!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    昨年、ディズーニーがアニメ映画にしたのを子どもが見に行きました。
    前々からお話会などで聞いたことのある話だったので、気になってはいたのですが、はじめて絵本で読みました。
    絵は巨匠、ホフマンです。
    (昨年、ナルニア国でやっていたホフマン展もよかったです〜)
    ホフマンの描く「ラプンツェル」は、お話だけ聞いて自分が想像していたのよりもずっと普通の女の子でした。
    昔話として語られている「ラプンツェル」は、そんな表現はないのになぜか《お姫さま》って感じだったので、
    この絵本を見て初めて〈そうか、王子さまがラプンツェルを好きになるだけで、ラプンツェル自体は魔女に育てられた普通の女の子だったんだぁ〉と、改めて感じました。

    あと、びっくりしたのは赤ん坊の時の魔女に抱えられている「ラプンツェル」の姿!
    当たり前ですが、「生はだか」の姿で大泣きしている様子を描いているので、ちょっと不気味な容姿に見えなくもありませんでした。
    ホフマンの絵は、時々すごく人間の描き方がわざとホラーっぽく描いているのかなと思うときがあります。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ながいかみのラプンツェル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / わたしとあそんで / 赤ちゃんのはなし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット