おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

やどかりのおひっこし」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

やどかりのおひっこし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1990年8月
ISBN:9784033274102
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,009
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 出会いの喜び

    やどかりがひっこししたばかりの地味なおうちを楽しくしたくて、毎月毎月一緒に住む友達に出会っていくのに喜びを感じました。
    息子も1月、2月・・・と進むにつれやどかりのおうちがにぎやかになっていくのが気にいって、何度も読みたがりました。

    一年たつとやどかりが大きくなったのでまたおひっこししなくちゃならない。
    仲良く暮らしていた友達との別れは切ない。
    でも切なさに勝るやどかりの成長と力強さに明るい気持ちになります。

    出てくる海の生き物たちが生き生きと美しく描かれているので、絵としてもすばらしいです。

    本題とは別に、何回読んでも「やどかり」を「ざりがに」という息子がほほえましかった。

    掲載日:2013/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やどかりのお引越しは一年がかり

    4歳7ヶ月の息子に読んでやりました。やどかりの貝が小さくなったので大きいものへと換えるにあたり、お友達がいっぱいできます。それを1年かけて丁寧に追っていきます。

    実際にはそんなに時間はかからないのでしょうが、ストーリー上これがおもしろい。ひとつひとつ丁寧に増えていき、そしてそれが子供に時間を刻むように浸透させていくのです。おもしろい演出だと思いましたね。そしてその増えていくおともだちもとてもユニーク。貝が地味なのでにぎやかにさせたいという理由ですが、いろんな角度で、いろんな形のお友達が少しずつ増えていくのです。息子にも十分理解できたみたいで、少しずつにぎやかになっていくその姿がおもしろいと感じられていました。残念なのは、1年たったとたんまた貝が小さいのでお引越しが必要になってしまうこと。またやり直し?とこちらは感じてしまいましたが、息子にはどう感じたのでしょうか?終わりはスタートの始まり?

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハンドメイド

    この絵本のヤドカリは、自分のお家で自分で飾ってました。海の底にある物を、自分で選んで殻に乗せてっている姿がとっても面白く描かれていたので、子供はお話に夢中でした!!ヤドカリの修正がとっても楽しく描かれていたので、私も楽しかったです。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年の成長

    やどかりが新しい家を見つけて
    次々と出会うお友達と一緒に成長する一年の物語です。
    1年で貝殻いっぱいに成長したヤドカリは
    次の成長に向けて、住み慣れた貝殻をさらなければならない時がきます。
    ふと自分が進級進学する際に抱いていた
    不安な気持ちとそれを乗り越えようとする決意とが
    入り混じったような感覚がよみがえりました。
    わが子もやがて味わうであろう、この感覚を
    このヤドカリのように、毅然とした勇気で進んで欲しいと思いました。

    掲載日:2008/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんのお友達できた

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    「はらぺこあおむし」が大好きな娘たちに読みました。

    やどかりが新しい家をみつけてから1年かけていろいろな友達に
    あっていきます。
    いそぎんちゃく、ひとで、さんご、まきがい・・・。

    夏休みに海でシュノーケリングを楽しんだ娘たちは
    「うん、うん、うみのなかはこんなだったね〜〜。」と
    絵の美しさに、海を思い出したようです。

    1年経って、やどかりにはこのすてきな家が少しきゅうくつになり、
    せっかくできたお友達をお別れしなくてはならない。
    さびしいけれど、自分より小さいやどかりに友達を託して、自分はまたあたらしいお友達さがしに出発していく。

    いそぎんちゃくの成長物語と美しい絵、両方たのしむことができる本です。
    夏らしい本だと思って手にとりましたが、入学などの門出にプレゼントするにもよい本だと思いました。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • エリック=カールには脱帽です

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    エリック=カールのあとがきが秀逸です。

    「あたらしい世界に勇気を持って!
    子供たちは、自然に恵まれた中ですくすく育って欲しい。
    そして、大きくなるにつれてさまざまな困難に出会っても、この絵本のやどかりのように、勇気と知恵で乗り越えて欲しい。
    身の回りに起こる変化は、困ったことではなく、貴方の力が引き出される素晴らしいチャンスなのですから。」

    こんな気持ちを、やどかりの1年の成長の姿に託しているのですから、感銘出来ないはずがありません。
    入学とか、転校で学校がかわる時に、読むには最適の絵本だと思います。
    友達を得ることの素晴らしさも十二分に伝わってきますし、大人が読んでも、子供の成長を暖かく見守ることを再認識させられるので、幅広い年齢層にオススメできる一冊です。
    エリック=カールには、脱帽です。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やどかりのおひっこし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ<br>開発チーム 星野由香さんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット