モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

こめぶき・あわぶき」 大人が読んだ みんなの声

こめぶき・あわぶき 作:川村 たかし
絵:梶山 俊夫
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784774604596
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,382
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンデレラ姫のようなお話
     継母はどうしてこうなんでしょうね、でもこんな事は、昔も今も有るという関係かも知れませんね

    こめぶき あわぶき こんな名前も日本の昔話ならではの名前でおもしろい

    やまんばのでてくるところは三枚のおふだのようです
    やまんばは、こめぶきがじぶんのしらみをとってくれて優しくしてくれたのが嬉しかったのですね! 
    やまんばは怖いという中にも優しさがあるのです  (ここは救われますね) 
    そして 継母の意地悪なのに対して、ちゃんと助けてくれる救世主が現れるのもお話の世界です
    でも現実のなかでも「捨てる神有れば拾う神在り」諺はうまいこと言ったものですね
    ぼうさまが助けてくれすずめが十石のあわつぶをついてくれるとは
    人間の知恵と助けの神ですね(すずめたち)
    オチはめでたしめでたし
    それにくらべてあわつぶは田んぼにおちてうらつぶがいになったとはおもしろいお話です  
    継母は何になったのかしら?
    梶山さんの絵は懐かしさのある優しい色合いで好きで〜す

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梶山俊夫の絵

    日本昔話には、なくてはならない存在の梶山俊夫の絵に魅了されます。

    読んでいてもとても御馴染みの感じがしてきて親近感が持て、とても安

    心してる私がいます。こめぶき、あわぶき姉妹はとても仲がよくてそれ

    だけは、よかったですが、少し今のかあさんの子のあわぶきが気の毒に

    なったりしました。あわぶきは、こめぶきに意地悪したわけでなく、二

    人で栗拾いに行ったりとしているので仲のよう姉妹だと思いました。

    長者どんのせがれに見初められて、嬉しそうな顔をしたこめぶきの絵に

    読んでいても幸せのおすそ分けをいただいた気持ちになれました。

    掲載日:2011/03/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こめぶき・あわぶき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット