おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

3びきのかわいいオオカミ」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

3びきのかわいいオオカミ 作:ユージーン・トリビザス
絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:こだま ともこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1994年05月18日
ISBN:9784572003331
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,317
みんなの声 総数 134
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •   面白かった〜。
     皆さんのレビューも多いわけですね。
     『三匹のこぶた』のオオカミとブタを交換したお話だなと予想はつきましたが、スゴ〜イ。
     
     獰猛な気性や牙など見あたらない、フワフワのけがわとふさふさのしっぽを持った可愛らしい三匹のオオカミが母の元を離れ、自立をする事に…。
     始めから煉瓦の家を建て始め、ん?と思いましたが、出てきました。
     ブタが。
     ま〜、悪そう。
     ホントかわいげのない顔つきです(笑)。
     煉瓦の家の前の庭で、クロッケーを楽しんでいるオオカミたちに、イギリス的だな〜と読み進めていきましたら、
     「………。きゅうすの なかの おちゃのはが きゅうきゅう さわいだって ぜったいに いれてやるもんか!」
     で、やっぱりイギリスだと思いました。
     紅茶の葉を蒸らし過ぎても、とでも言う意味かしら?
     避難する時にも、ティーポットを忘れないページに「フフフ」です。
     絵を描かれたのがバーニンガムさんの夫人H.オクセンバリーさんとわかって納得です。
     オシャレな見返しの絵にも、な〜るほどです。
     
     “わるい ぶた”が、せっせとオオカミ三匹が力を合わせつくった比較的頑丈な家を、激しい勢いで破壊していくシーンに、
     「うっそ〜、そんなのあり?」と爆笑の息子。
     その激しさが、家が強固になるのに比して凄まじくなっていきます。
     
     新しい家を目にして必ずブタが、古典的なスタイルでぷうーっと吹いて吹き飛ばそうとするシーンに、
     『無理じゃない?なんで、ぷうーっなの?』と思っていたら、そういうラストでしたか。
     なんとも、きれいで優しいハッピーエンドでした。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    4
  • 悪人面のブタ…

    「さんびきのこぶた」のオオカミとブタの立場を逆にしちゃった話。

    ブタが、すごい悪人面で、やることもすごい、ひどい。
    ハンマーでがんがん家を壊したり、最後には、ダイナマイトで爆破しちゃったり。
    健気に家を建て続けるオオカミたちは、ほんとにかわいらしくて…思わず、くすりと笑っちゃいます。

    高学年におもしろい話を…と思って、5・6年生によみきかせをしたのですが、子どもたち、大ウケでした。

    何度も笑いが起こって、楽しいよみきかせになりました。
    最後は、お花の香りを体いっぱいにすいこんだブタさんのように、満足そうないい顔をしてくれて、おかしいだけでは終わらなかったのも良かったと思います。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 「3びきのこぶた」じゃなくて・・・

    5年生の担任をしています。
    最初に『3びきのこぶた』のストーリをみんなで確認。
    この時点でストーリーを忘れている子も
    「そうだ。そういう話だった。」
    と思い出しました。
    そこで、
    「今日は3びきのこぶたの反対バージョンのお話だよ。」
    と言って読み始めました。

    絵本にしては少し長めのストーリーですが、
    十分楽しめます。
    ブタの本当に意地悪そうな顔。
    オオカミの弱弱しさ。
    爆発の場面。
    子ども達のお気に入りになりました。

    子ども達の提案で
    宿泊行事でこの絵本のストーリーを劇にして
    演じることになりました。
    全部子ども達が作ってやり遂げていました。
    素晴らしかったです。

    私にとっても思い出の絵本になりました。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    3
  • 最後はにっこり

    • きらっちさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    高学年に読み聞かせをしています。
    この本は本屋さんで気になって購入。
    『3びきのこぶた』の逆バージョン話です。

    6年生に読み聞かせしましたが、「すげー!」「ありえなーい!」と
    いう声とクスッという笑い声。
    何が「すげー!」のかといいますと、大きなハンマーが出てきたり
    ダイナマイトまで出てきて3匹のかわいいオオカミ達のお家を
    次から次に壊しまくります。ちょっと過激(?)なお話しなんです。
    でも、最後には怖い大ブタもお花の家の香りに癒され・・・・・

    子供達も食い入るように話の中に入って聞いてくれていました。
    そして、最後にはにっこり笑顔!

    私も大好きな絵本です。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    3
  • 3人の反応はバラバラでしたが…

    私はこのお話が大好き!
    長女が3歳の時(今から8年前になります!)、幼児教室でこの本を元にペープサートをやりました。
    それ以来、私のお気に入りのお話でしたが、実際に本を入手するに至らず、ずっと気になっていました。
    そこで、先日意を決してこの本を購入。
    我が娘たち(3姉妹:5,7,11歳)に読んだところ、
    おおぶたの行動一つ一つにまったく違った反応がありました。
    末娘は「こわい! おおぶた悪すぎ!」と泣きそう。
    次女は「ひど〜い! でもおもしろい!」笑い。
    長女は「おもしろすぎ!! 悪過ぎ!」大笑い。
    でも最後のお花のおうちの香りでおおぶたは…?
    3人「よかったぁ。 やっぱりお花は心を優しくしてくれるんだね」
    と3人の意見は一致しました。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんなぶた、あり?!

    • トムの庭さん
    • 30代
    • ママ
    • 青森県
    • 男の子13歳、男の子10歳、女の子7歳、男の子0歳

    「さんびきのこぶた」のオオカミとブタの立場が逆のお話。

    ここにでてくるブタは、
    悪も悪、すご〜い悪なんです。
    ブタが、すごい悪人面で、やることもすごい、ひどすぎる!

    ハンマーでがんがん家を壊したり、最後には、ダイナマイトで爆破しちゃう!ありえない!

    一生懸命家を建て続けるオオカミたち。
    いったいどうしたら悪ブタに家を壊されずにすむのだろう?

    どんなに頑丈に作っても、結局は壊されちゃう。

    最後はお花で家を作っちゃおう・・・。

    高学年に何かおもしろい話を…と思い、5・6年生に読み聞かせをしたのですが、子どもたちにも大ウケでした。

    しかし、読んでいて思ったのは、
    この悪ブタ、
    最後には家を壊さず、仲良くなっちゃうんだけど、
    反省しないんだよね・・・。

    でも、奇想天外な展開に、子供達も大満足の一冊です。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高学年読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    レビューを見て、
    高学年に対する初めての読み聞かせに
    持って行きました。
    参加者は5年生ばかりでした。

    皆さんのおっしゃられるとおり!
    うけました!

    悪い大ブタが「ふーっとふいて、プーっとふいて…」でくすくす笑い、
    電気ドリル、ダイナマイト、で「えーっ!」という声…。
    物語にしっかり引き込まれてくれていました。
    とても楽しかったです!

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高学年にもおすすめです

    • あっぴんさん
    • 40代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子8歳、女の子8歳

    3匹のこぶたのパロディ版みたいな絵本。いつもは落ち着いて読み聞かせを聞いてくれている5年生に読んでみました。まずタイトルをいったところで、子どもたちが「え?え?」という反応がおもしろかった。そしてかわいいオオカミたちが建てる家を悪い大ブタが壊しに来るのですが、電気ドリルやダイナマイトまで持ってくる。ダイナマイトには子どもたちも「ええーーっ!」とこれまた大きな反応を示してくれました。予測もつかないような壊し方、そして予測もつかないような結末に高学年の子どもたちにも満足な1冊だと思います。

    掲載日:2009/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「3びきのかわいいオオカミ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット