たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

くもり ときどきミートボール」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

くもり ときどきミートボール 作:ジュディ・バレット
絵:ロン・バレット
訳:青山 南
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784593504299
評価スコア 4.26
評価ランキング 13,885
みんなの声 総数 26
「くもり ときどきミートボール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とんでもなく面白い

    あまりにも、とんでもない町(でも、ちょっと羨ましい)カミカミゴックン町ですが、そんな都合のいいことは長く続かないんですね。
    食べ物が荒れ狂うように降ってきたら本当に恐怖しかないですけど、絵本だと面白くて子供はとても気に入って大笑いしていました。
    でも、今の地球と似てるなーと私は思ったりもしました。なんといいますか。要するに異常気象なんですよね。
    ただのユーモア絵本ではなさそうなところも、この本の魅力的だと思います。

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんだん怖くなる・・・

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    題名を見て「おもしろい!」と思い、早速6歳の息子と3歳の娘と読んでみました。

    カミカミゴックンという町では雨も雪も降らない代わりに食べ物が空から降ってきます。
    空からオレンジジュースの雨。
    「おいしそうだね」と子供たちは目を輝かせています。「うちにもそんな雨が降ったらいいのに・・・」と。

    でも、だんだん読み進めていくと、巨大ホットケーキが家の上にドカーンと乗って、メイプルシロップの雨が。
    さすがにおいしそう!とは思えませんね。

    その辺りから「やっぱりジュースは降ってこなくてもいいや」

    最後にはカミカミゴックン町の人も町から逃げ出して・・・

    最初はとっても夢のある笑い話かと思いましたが、話の展開に子供たちは怖がってしまい、ちょっと笑えなかったようです。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールの大きいお話

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    映画化された作品だったので読んでみました。
    読んだ第一印象は、確かにスケールの大きい話なので、映画向きだということ。

    お話は、カミカミゴックンという町が舞台。
    ここでは、一日に三回、空から食べ物が降ってくるというまさに奇想天外な設定なのですが、子供にとってはたまらないお話でしょう。
    衛生局が、町じゅうの残った食べ物を取り除いたり、レストランは屋根がなかったりと、細かいディテールもしっかりしています。

    ところが、異常気象?というやつか、だんだんその降ってくる食べ物の量が多くなってくるという事件が発生してからが本当の見所になります。

    ストーリー自体、本当に手放しで楽しめます。
    絵も細かい描写をしているのですが、人物描写が少し怖いと受け止める向きもあるかも知れません。
    映画のようなキャラクターで描いた方が良かったという感じがします。

    空想好きな子供にはピッタリの作品です。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホラーみたいな面白話?!

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    タイトルにひかれて手にとりました。
    私が子供の頃は「晴れときどきブタ」っていう本が流行ったけど、こっちはミートボール。絶対おもしろそう!と直感です。

    ほとんどモノクロで絵がかれた斜線多目の絵が、古めかしい感じ、ちょっとホラーっぽい感じ、を演出していて 読んでいても、次はどうなるの?そしてどうなるの?怖いものみたさです。

    日曜の朝おじいちゃんがホットケーキを焼いてくれて・・・
    そしてそのあとおじいちゃんから、とある街の話しを聞きます。
    その街の名は「カミカミゴックン」

    どうですぅーーーーー街の名前だけで ぐっときませんか?

    ここから先の街のお話しはぜひ、実際に読んでみてください。
    お腹がすいているときにはちょっとやばいかもしれません。

    掲載日:2008/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くもり ときどきミートボール」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット