庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

くもり ときどきミートボール」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

くもり ときどきミートボール 作:ジュディ・バレット
絵:ロン・バレット
訳:青山 南
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784593504299
評価スコア 4.26
評価ランキング 13,881
みんなの声 総数 26
「くもり ときどきミートボール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 想像したらスゴい町

    おじいさんの作るホットケーキも、ホラ話も迫力満点です。
    空から食べ物の降ってくる町って、よく考えると怖いですね。
    降ってくる食べ物で町が潰されそうな光景を想像したら、好きな食べ物も嫌いになりそうですし、食欲も無くなりそうです。
    そんな町から逃げ出したこともよく判ります。
    こんなお話ができるおじいさんになりたいと思いました。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 掃除のことを思うと恐ろしい

    手元が狂って、焼いていたホットケーキを孫の頭にすっ飛ばしてしまったおじいちゃんが話してくれた、おかしなお話――それは、カミカミゴックンという町の話でした。
    そこは、一日に三回空から食べ物が降ってくるという便利で不思議な町。
    でもある日、天気がどんどんおかしくなり始めて…?

    絵が鉛筆画のように細かく書かれていて、アメコミ風でした。
    空から食べ物が降ってくる――ご飯を作る必要がなくて楽だと思うよりも、掃除が大変そうだなあと思ってしまった私。
    現実的すぎますかね(笑)
    天気がおかしくなった後の町は大混乱。
    学校を覆い尽くさんばかりのホットケーキや、塩とこしょうにまみれたトマトの竜巻――なんて考えられますか?
    その後カミカミゴックンの町がどうなったのか…うーん、気になります。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外!

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    題名に惹かれて読んでみた。
    天気と食べ物ってどんなおはなしだろう?
    案の定、とても変わった話で、でもお話だからこそ、その世界にどっぷりと浸かって楽しめました。
    絵がステキで、このおはなしにぴったり。とても細かく、迫力もあり、起きた出来事をたやすく想像させてくれて、子供たちは「えーー!」だの「おーー!」だのと絵本のはちゃめちゃぶりを面白がっていましたよ。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くもり ときどきミートボール」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット