モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ケチルさんのぼうけん」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ケチルさんのぼうけん 作・絵:たかどの ほうこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年
ISBN:9784577019139
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,467
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ケチルさんにとっては素晴らしい冒険でした

    遊びもしない、お菓子も食べない、お金を集めることだけが趣味だというケチルさん。
    一冊の本との出会いが、ケチルさんを素晴らしいものにしました。
    とことんけちなケチルさんが、捨てられている本の山を見たときに、まず考えたのは古本屋に売ること。
    でも、その中の一冊の本を開いたとたんにケチルさんの心は、ケチから欲ばりに変わりました。
    根元に埋めた物がたちどころに100倍になって枝に生る木があるというのです。
    一度にものが100倍になる。
    ケチルさんは計算を始めます。
    自分の持っているお金を100倍にできるのです。
    だけど、その木のある場所に行くためには99人の山賊が待ち構えているさんぞく峠を越えなければいけません。
    100倍の木にたどり着くまでに、物を取られてしまうのです。
    どうやってその峠を越えるかケチルさんは考えます。
    立てた計画が面白いのですが、有り金すべてを持ち出すのですから、本当のけちではなかったのかもしれません。
    さんぞくに金をばらまいても、自分の財産が増えるという、一世一代のケチルさんの計画。
    そこからの成り行きには笑ってしまいました。
    最後にケチルさんは一文無しになってしまうのです。
    一文無しになってしまったけれど、ケチルさんはとても大きなものを得たようです。
    この結末を、子どもにはそのまま受け取ってほしいと思いました。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑える冒険物語

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ここでのレビューをみて、ぜひ読みたいと思いました。
    息子が「次に来る本どんな本」というので、書名を教えると
    「それは、けちな人の話に違いない」と予想してました。

    予想通り、欲深いドケチのケチルさんの話でした。
    お金が100倍になる木があると知って一世一代の決心をしますが、、
    難関が待ってます。意外な方法での山賊対策い大笑いでした。
    無事大金を手に入れることが出来るのかと思いきや、、終わり方も面白かったです。

    久しぶりに大笑いの絵本に出会ったような気がします。
    読み聞かせの相手が小人数だったらぜひ、小学生に読みたいです。
    最後のページの一言に、
    息子は「お金がなくなったのに、ぐっすり眠れるんだね」とポツンといいました。
    彼なりに人にとって大切なことがわかってくれたでしょうか・・

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大爆笑

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    学校の先生の推薦図書でした。
    いかにも、けちんぼなケチルさん、
    いったいどんなけちっぷりをみせてくれるのかと思ったら…。

    全く展開が読めない、いったいどうなる?と
    ワクワクしながら、読める本です。

    何とかして、金貨を増やしたいケチルさんの冒険は、思わぬ展開に。
    うちで読み聞かせしながら、私が大爆笑。
    子供達にも大受けでした。

    ケチルさん、結局思うようにはいかなかったけど、
    なんだか充実感たっぷり^^
    これは、どういうことなんでしょう。
    実は奥が深い?それとも、さらっと読む本?
    不思議な気持ちになりました。

    学校の読み聞かせで読んでも、私笑ってしまう?
    ちゃんと読めるかなぁ?!
    でも、読んであげたい、おもしろい本です。

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ケチルさんのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ゆらゆらばしのうえで / あらまっ! / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット