ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ぜったいたべないからね」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぜったいたべないからね 作:ローレン・チャイルド
訳:木坂 涼
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年11月17日
ISBN:9784577044254
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,323
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 手元においてぜったい損がない

     今6歳の孫娘に3歳のころ購入した一冊。
     今では1歳の弟をもつ孫娘。思い出したように引っ張り出して読んでいます。

     大胆なタイトル、たべものをめぐる兄妹の可笑しな知恵の出し合い、そして絵とコラージュから漂ってくるユーモラスな雰囲気。引きつけられ、何度手にしても飽きがこないようです。

     長く楽しめ、手元においてぜったい損のない一冊だと思います。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 食わず嫌い克服法

    「ぜったいねないからね」にいたく感動した娘が、これも!と持ってきました。代弁系の絵本大好き(^-^;
    偏食児+文句たれの妹に、どうにかしてご飯を食べさせるお兄ちゃん。子どもって食べず嫌いが多いんですよね。

    妹に肩入れして聞き、兄ちゃんの名づけた不思議食品に「これ、ほんと?ほんとにあるの??」と6歳らしからぬ疑問をわきたたせ^^; 楽しそ〜うでした。

    なんとなく「だめだめデイジーのシリーズ」をほうふつとさせ、私はあちらの方がしっくりきたのですが、娘はこちらも大変お気に入りです。
    しかしこの苦労性のお兄ちゃんは、将来どんな職につくのかな(笑)

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモア溢れる絵本!

    • 華麗さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子6歳、女の子4歳、男の子2歳

    絵本ナビで掲載されていて、ずっと気になっていました。購入してみてびっくり!本当に素敵な絵本で、チャーリーとローラのやり取りがすっごくユーモアあふれているので、読んでいる大人ですら「ぷぷぷぷー」と笑ってしまう絵本でした。わがままも偏食もあんなやり取りがあったら、大人は負けてしまうだろうな。ユーモアの参考になる絵本です。是非一度手に取ってもらいたい絵本です!

    掲載日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーが大事なのよね〜

    あまりの好き嫌いの多さに息子が「うへー」と驚くくらいでした。

    子供って何か一つくらいは食わず嫌いがありますよね。
    でもこのお兄ちゃんのように、宇宙の食べ物で・・・と講釈垂れて
    ありがたがってみせるといいかもしれません。

    よく自分で育てた野菜やお手伝いして皮をむいたり切ったりしたら
    食べられるようになったとか聞きますものね。
    子供にもストーリー性が必要なのかもしれません。
    でも親だと精神的余裕がなくて難しいところを
    ここではお兄ちゃんだったら上手にできたのかな。
    子供ならではのユニークな解決法で勉強になります〜

    息子も一生懸命、野菜のへんてこな別名を考え始めました。
    なんでも食べられるんですけどね(笑)
    ネーミングがとても面白かったらしいです。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • チャーリーのように

    ローレン・チャイルドの絵本、特にチャーリーとローラのシリーズは、どれも親子でお気に入りです。
    あれもきらい、これもきらい言っている妹のローラに、チャーリーはやさしく話します。「にんじんにみえるかもしれないけど、それははるばるもくせいからとどいたえだみかんだよ」と。それならちょっとかじってみたくなるかも。
    わがままな娘にいらっとばかりしていないで、チャーリーのようにユーモアをもって接しなければ・・・と読むたびに反省します。でもそれがなかなか難しく、真似できません(涙)

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹のいるお兄ちゃんの苦労

    娘たちは好きな絵本でしたが、私個人的には普通でした。

    お世話上手なお兄ちゃん目線でかかれているので、わがまま三昧の妹とかお兄ちゃんの苦労についつい目がいってしまいます。

    我が家ではこんなにしっかりした上の子ではなく二人とも自由人なのであまり共感できるところがなく、しっくりこなかったのかも。

    でも子供は新しいビジュアル(絵と写真が混じってたりする)に興味津々でした。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べず嫌い!?

     とっても好き嫌いの多いローラとそのお兄ちゃんチャーリーのお話です。チャーリーは、ローラの嫌いなものを別の名前を付けて、食べさせます。その名前が、とてもユニークでうちの子供たちは大笑いです。
     ローラは、最初は、疑いながらも嫌いなものを食べ、それらがおいしいことに気づききます。お話が終わるころには、好き嫌いを克服しています。
     好き嫌いの多いお子さんに読んであげたら、食べられるものも増えるかも?
     写真と絵が、コラージュされていて楽しい絵本です。また、二人の表情が、最高です。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぜったいたべないからね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(87人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット