ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

とんでもない おいかけっこ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

とんでもない おいかけっこ 作・絵:クレメント・ハード
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784776401728
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,912
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とんでもない顛末

    犬と猫の追いかけっこが、これほどまでに壮絶な混乱を起こした挙句が、めでたしめでたしで終わるなんて、とんでもない話です。
    ドタバタ喜劇の醍醐味が凝縮されていますが、どうしてもこの後に、被害をこうむった人々が駆け込んでくるイメージが頭の中で展開するのです。
    子どもたちには大うけの絵本ですが、小心者の私でした。

    掲載日:2014/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にとんでもない

    おいかけっこで連想してしまうのは、トムとジェリーでしょうか。

    お散歩をしているねこと犬が遭遇しておいかけっこが始まります。

    本当にこんなことが起こったら大変ですが、紳士がゴミバケツに頭から突っ込んでいたり、女の人がいすごと空中を浮いていたりと、絵を見ると驚きとともに、おかしさがこみあげてきます。

    どの場面もびっくりしてしまうことばかりでした。どことなくハプニング続きの映画を見ているような感じもあります。

    黄色と赤を基調とした絵なので明るい感じに仕上がっていると思います。
     
    軽快な感じがするのは色がきれいで明るいおかげでしょうね。

    どんな風に終わるのかは、絵本で確かめてみてください。

    息子は終始絵本から目が離せないようでした。

    掲載日:2009/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とんでもない おいかけっこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット