雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

チータカ・スーイ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

チータカ・スーイ 作・絵:西村 繁男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784834021790
評価スコア 4.74
評価ランキング 839
みんなの声 総数 34
「チータカ・スーイ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • にぎやかな行列

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    まるで昭和の町並みのようなレトロな雰囲気。
    そんな中を、チータカ・スーイと賑やかに、子どもたちが練り歩きます。
    大人たちは気づいてないのかな?
    ひたすら楽しそうな大行進。
    じっくり絵を眺めると、色んな発見がありそうです。
    しっかりとしたストーリーのある絵本が好きな娘には不評でしたが、お祭りになると血が騒ぐ!といったタイプの子にはたまらないだろうなぁ。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • クイズもしてみたかったです。

    文字が少な目で同じような文ばかりです。

    ほかの方の感想を見ると、クイズにはまっている

    内容が描かれていますが、カバーがついていなかったので、

    それは楽しめませんでした。

    町を練り歩くので、いろんな風景が楽しめます。

    屋根の上にのぼっての花火、うらやましいなと思いました。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっごく面白い!

    図書館でふと手に取ったこの本ですが、まさに運命の出会いでした!
    息子も私も西村さんの絵の世界にどっぷり。

    他の方も書かれているように、絵がものすごく書き込まれていて、
    何度読んでも新しい発見があります。
    でも、その細かさよりも、全体を流れるレトロで不思議で
    なぜか淋しい空気を感じさせるところが、惹きつけるんじゃないかと思います。
    でなきゃ、1回目から5歳の息子がこんなに夢中にはならないと思うんです。

    文章がほとんどなく、淡々とページを重ねる感じですが、
    絵だけでこんなに物語が広がるんだ〜、と感心させられること間違いなし!

    だまされたと思って、読んでみて!声を大にして言いたいです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間をかけて・・・

    西村繁男さんの「おばけでんしゃ」が大好きな娘に読みました。
    絵を見て同じ作者だとわかり、真剣に見入っていました。

    『チータカ チータカ スーイ スーイ』
    という言葉の響きが面白いですね。

    一度目、ぱーっと読むと、お話も単純だし何だか物足りない感じが・・・。
    二度目、表紙の裏のクイズを見つけて、もう一度じっくり眺めてみました。すると、色々とありました。一度見ただけじゃ気づかなかったことが沢山!

    西村繁男さんの絵は独特なおもしろさがあって、しかも古い日本の懐かしい雰囲気が漂っていて好きです。

    この絵本はゆっくり絵本が読めるときに、子供といろんな発見を楽しみながら読むのがいいですね。親子で楽しめますよ!

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • チータカスーイ?

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    チータカ チータカ スーイ スーイ
    こんなに華やかで、こんなににぎやかな子供楽団なのに、
    何故大人は気付かないんだろう?
    外だけじゃなくて、お店や家にも上がりこみ
    チータカ チータカ スーイ スーイ
    ちゃんと靴は脱いでます。

    この時代に、何故か携帯電話持ってる人もいる・・・
    読めば読むほど色んなものを発見できるから楽しいです。
    字は、それこそなくても楽しめるのが西村さんの絵!
    親子揃って病みつきです!

    クイズも付いていますよ、でも、これが結構難しい。
    ぜひ、挑戦してみてください。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • さらっと読んだらすぐ終わるけど

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子7歳、女の子5歳

    この本はさらっと読んだら、
    「え〜何が言いたかったん?面白ないなあ。」
    とすぐに終わってしまいます。

    だから、絵の細かいところをよ〜く見てください。
    と言っても、レトロかなと思う以外に気になることはないという人もいるかもしれません。
    そしたら、表紙の裏にちょっとしたクイズがあるからやってみてください。

    そのクイズが意外にも難しいし、大人にも時間がかかります。
    そうこう細かい絵をみているうちに、なんだかこの本がすごく好きになってきました。
    次女が大ファンなのが分かります。
    この本があまりメジャーでないので、ぜひみんなに知ってほしいです。

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほどほどに楽しみましょ!

    ノスタルジックな気分に浸らせてくれる西村繁男さんの作風は大好きです。細かい描写の奥に伏線のストーリーがあったり、短いながらも読み手に想像や会話を膨らませる文がとってもいいです。

    この作品は明るい色使いで垢抜けた感がありますが、ケイタイを使っている通行人を見つけた時はさすがにギャップを感じました。2006年の作品ですもんねぇ‥。

    それと一度目はサラッと読み流していましたが、久々に息子と読んでみるとこんなに何度も読み返せる(ムキになって探す)作品なんだと気づかされました。というのは、表紙の裏にクイズが書かれていて、もっと作品を楽しめるようになっているんですね。息子よりも僕の方が“ひょうたん”探しにムキになってなかなか寝れなくてコマりました。案外“申”にも悩まされました。「あ〜楽しいけど、しんどっ。」

    息子は単純に(古物商の軒先の)カブトムシの絵を見つけて喜んでいました。僕は、登場する子供や置物の目線が気になって、その行く先を追っかけていました。

    傍若無尽に練り歩く子供たちも他人ん家に上がり込む時はちゃんと靴を脱いでいて律儀で笑えます。最後の日本庭園のページもツッコミ所が満載で楽しいですね。

    また、(絵本ナビの感想文の中で)風景の中に他の西村作品が描き込まれていると気づいた方がありましたが、わからない僕はまだまだだな、もっと西村作品を読もうと思います。

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「チータカ・スーイ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット