十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぞうのホートンたまごをかえす」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぞうのホートンたまごをかえす 作・絵:ドクター・スース
訳:白木 茂
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1968年
ISBN:9784033480503
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,901
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 産みの親より育ての親

    なまけどりとの約束を守って、卵を代わりにあたためることになった、ぞうのホートン。
    風が吹いても、雪が積もっても、仲間に笑われても、命を狙われても、じっと卵をあたため続けます。
    「やくそくしたことは、まもらなくちゃ!ぞうって、しょうじきもので とおってるんだからな!」
    と、自分に言い聞かせ続けながら。

    これこそが、子どもに対する作者のメッセージだと思いますが、母親の立場で言うと、また別の意味でじいんときます。
    誕生してからも、何年も保護者の手を借りなくては生きてゆけないのは、人間だけだと聞きました。
    辛くても、笑われても、命を狙われても、子どもを抱いて守ってゆかなければならないのです。

    なまけどりは、さんざん遊びまわったあげくに、かえる直前の卵が惜しくなって取り返そうとします。
    ところが、生まれたひなの姿は・・・・。
    見ようによっては、グロテスクな姿です。でも、ホートンは大喜び。今までホートンに辛くあたっていた人間たちも、仲間たちも、心からの拍手を送ります。ホートンは幸せにくらすのです。
    この、力技とも言えるハッピーエンド。多くのことを考えさせられました。
    どんな子どもも、愛されて生まれてくるべきであること。
    生みの親より育ての親。

    3才の子どもには、少しお話が長かったようです。
    途中で眠ってしまい、翌朝、
    「もう少しページの少ない絵本でお願いします」
    と、言われてしまいました。

    掲載日:2010/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぞうのホートンたまごをかえす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット