ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぞうのホートンたまごをかえす」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぞうのホートンたまごをかえす 作・絵:ドクター・スース
訳:白木 茂
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1968年
ISBN:9784033480503
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,901
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんて人が良いの〜。

    小1の上の子の教科書に紹介されていたので
    読んで見ました。

    ぞうのホートンになまけ鳥のメイジーが卵を温めて欲しいと
    頼み・・・

    木に登り、何カ月も卵を温め続けるホートン。
    笑われてもじっと我慢です。

    なんて健気なんてしょう。子供たちは「木が折れるよ〜。」
    などと楽しく見ていました。
    上の子は面白かったといって自分一人でまた読んでました。

    でも頑張れば良いことあるんだって思える
    楽しい、素敵な絵本でした。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • じぶんでやりなさいって

    たまごをホートンにあずけちゃうなまけどりがひどいと思いました。

    じぶんでやりなさいって思いました。

    ホートンがたまごをあたためているとき、つららになっちゃうから、すごいと思いました。さむいだろうと思います。

    ホートンがうごかなくてずっとたまごをあたためているから、うごかないのかなあって思いました。

    さいごが、ありえないって思いました。でも、おもしろかったです。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • バカ正直

    最近、読み始めたドクター・スースの絵本、おもしろいなあと思って読んでいます。

    オチはありえませんが、ホートンの苦労を思うと、こんな結末であってもいいかなあという気になりました。

    約束を守るって並大抵のことでないということがよく伝わってきますが、正直というよりは、バカ正直だなあと思います。

    特に、ホートンが足につららまでできても耐えて、卵を温めている姿を見てそう思いました。

    スースのお話は、奇想天外、先が読めなくておもしろい作品が多いと思います。

    掲載日:2009/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぞうのホートンたまごをかえす」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット