にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

ぐるんぱのようちえん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐるんぱのようちえん 作:西内 ミナミ
絵:堀内 誠一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1966年12月
ISBN:9784834000832
評価スコア 4.75
評価ランキング 658
みんなの声 総数 352
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 深い内容でした

    子どもたちが小さいとき何度も読みました。
    その時は、何も思わずに読んでいたのですが、今読むと深い内容だなと思います。
    そして、ハッピーエンドが、よりハッピーエンドに心にしみます。

    子ども向きと思っていた絵本も、読み返してみると、大人だからこそ、味わえるものもあるなと改めて思いました。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • ジーンとしました。

    息子と本屋さんへ行った時「あっ、ぐるんぱだ!コレ読んで!」
    と言われて、その場で読んであげました。

    どうやら、幼稚園にこの本があったようで何度も先生が読んでくれているようで、
    息子は内容をよーく知っていました。
    反対に私はこの時初めて内容を知ったのですが、読んでいるうちにちょっと悲しくなってしまいました。

    でも最後は、「ぐるんぱ、良かったね!」と、ホッとできる内容です。

    心温まる絵本なので、お勧めですよ!

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり人気の絵本ですね

    久しぶりに絵本の中の絵本を見たと思わせられました。お話が重なっていって最後の結論へ・・・そこが納得できる結論だったのですっきりしました。
    一生懸命がんばるぐるんぱ、でもその頑張りが空回り。5回目の失敗のあと、「また、むかしのように なみだが でそうに なりました。」の一節に胸がぎゅ〜っとなって、このままじゃ悲しすぎる!! って。
    思いっきり この絵本の中に入り込んでいました(笑)

    失敗作と思われていたものが、すばらしい使い道をみつけたときのうれしさったらありません。
    息子はまだこの世界を理解できていないようだけれど、いろんなことを感じ取れる絵本なので、小学校にでもあがったらまた見せてあげたいなって思いました。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大好きな絵本

    子どもたちも私も大好きな1冊です。
    ぐるんぱが最後の最後、自分にぴったりのお仕事を見つけられて本当によかったなあと。これは人生につながりますね。子どもたちが試行錯誤しながらも最終的にこんな風に自分がお役に立てる仕事を見つけてくれたらな。そんな風に思いながら読みました。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお話ですね

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    たくさん失敗しても、そのどれもがむだになんかならない。っていうのを、ぞうのぐるんぱが教えてくれる、素敵なお話です。
    ぞうのぐるんぱが作る大きな靴や大きなビスケットが好きで、それを持っている絵を見るのが息子は大好きです。
    大きなビスケットは、一度でいいから食べてみたくなる夢のビスケットですね。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい絵本です

    とても考えさせられる内容でしたが、子供たちにはこの絵本を見て、いろいろと感じ取ってもらえればと思いました。直ぐに投げ出さず、頑張る事を覚えてもらいたい。ぐるんぱのように頑張って欲しい。大人になった時に少しでもこの絵本の内容を覚えていてくれたら、そう思います。とても素晴らしく、子供にも大人にも大切な何かを教えてくれる、そんな1冊だと思います。

    掲載日:2016/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 努力は報われる

    色々頑張って、でもどれもダメで、落ち込むぐるんぱですが、最後は天職をみつけ、今までやってきたことを生かしています。
    努力は無駄にはならないんだってことを感じました。
    我が子は保育園で、ぐるんぱのクッキーが出て、大きなクッキーをクラスの子とわけながら食べたそうで、とても美味しく楽しかったそうです。絵本の世界をリアルに経験して、より絵本を楽しめるようになったのでは?と思っています。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッピーエンドでよかった!けど・・・

    • だいちまるさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    かわいいぐるんぱと鮮やかで楽しそうな挿絵とは裏腹に
    ぐるんぱは自分の居場所が見つけられずに
    しょんぼりしてばかりです。

    特に生まれ育った群れから日頃から仲間はずれにされ、
    追い出されるために、最後にきれいに洗ってもらってるのに
    先の明るい出発であるかのように元気いっぱいで旅立つ
    ぐるんぱが正直気の毒です。

    その後も悲しく辛いストーリーが続きますが、
    最後は子どもたちに囲まれて、
    幸せいっぱい、居場所をようやく見つけたお話で、
    ほっとしたのですが、
    やっぱり不幸な部分が多すぎて、
    「びすけっと、まだ たくさん のこっていますね。」という一文も
    でも、ビスケットはいつかなくなるよ。ビスケットがなくなっちゃったら?と、なんだか妙に不安になります。

    ただ、話自体嫌いじゃないです。
    一度は読んでみるといいんじゃないかと思います。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

    • ポコポコさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子8歳、女の子4歳

    子供の頃に読んだ本で、すごーく昔に読んだのに、なぜだかはっきりと覚えている本でした。

    偶然見つけて、今度は子供の為に読んであげました。

    昔は特別深い感情は抱かなかったように思いますが、今読むと、なんだかこのお話にとても感動しました。

    最後の最後にやっと自分を活かせる仕事に巡り合ったぐるんぱ。

    意外と深いお話だったんですね。

    だから、心にずーっと残っていたのかもしれません。

    名作です。

    掲載日:2013/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • まずは一歩を踏み出そう

    小さいときには、ぐるんぱがかわいくて好きな絵本でしたが、大人になって見てみると、すごく深い絵本だったんだなと感じました。

    今までずっと一人でなにもせずにいたぐるんぱ。
    元気なくしょぼんとした姿が切ないです。
    でも、自分にできることがないのかを探して、一歩を踏み出します。
    いろいろとやってみて、一生懸命がんばるものの、空回りしてしまって、なかなかうまくいかないぐるんぱ。
    最後には、ようちえんに自分の居場所を見つけます。

    大人になると、めんどくさいことはしたくなくなってしまうし、うまくいかないとすぐに自信をなくしてしまうけど、それでもただ前向きに頑張れば、ゴールに近づいていくんだなと感じさせてくれます。
    めんどくさがってなにもしないより、忙しくても生きがいのある生活のほうが実りあるんだと、気づかせてもらいました。

    掲載日:2013/07/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐるんぱのようちえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット