しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ピェ−ルとライオン」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ピェ−ルとライオン 作・絵:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年
ISBN:9784572002884
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,602
みんなの声 総数 24
「ピェ−ルとライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 反抗期の心理をついた

    素晴らしい絵本だと思います
    きみなんかだいきらいさ
    かいじゅうたちのいるところ
    をもっていて
    きみなんかだいきらいさの雰囲気のセンダックの
    絵本をもっと読んでみたい、ないかな?と思い探して出会いました
    子供が最初、地味な見た目の本に見向きもしようと
    しませんでしたが
    読んでみたところ、
    私も子供も衝撃的におもしろかったっていう。。。
    今では大のおきにいりで毎日リクエストされます
    なんでも「ぼく、しらない!」としか言わないピエールは
    ある日ライオンに食べられてしまいます
    反抗期、イヤイヤ期のお子様にもぴったりの内容だと思います
    息子も最後には大きな声で
    「はい、わかりましたー!」と言っていました
    「おかあさんはぼくの、たから」とも♪
    こんなにシンプルなのに、子供の心の奥底をつく
    センダックの威力を感じました

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷり

    外国の本って何てユーモアがあるんでしょうか。どきどきしながら読みました。お母さん、お父さんがそのままいってしまうのは、まあわかるなとおもっていたら、なんとライオンがきて、食べちゃうんです。あらまーこまった!いったいどうなるの?とおもったら、最後は安心して下さい。でも文章や構成にユーモアたっぷりで、わくわくしてきますね。こんなに柔軟な発想しなきゃなー。

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい絵本

    この絵本はサイズもかわいかったのですが、内容もかわいかったです。何を知っても「僕、しらない!」って言うだけでした。うちの子は、「なんで同じことしか言わないの?」ってとっても不思議がっていました。最後はなぜか突然いい子になっちゃっていました。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • この子ったら・・・

    何を言っても「ぼくしらなーい」しか言わないピエール。
    こんなことばっかり言っていたらライオンに食べられちゃったわ、
    でもご安心を
    ちゃんとハッピーエンドで終わります。
    しかも最後のライオンのおとぼけっぷりもキュートです。
    テンポの良い文章と親近感が湧く小さなサイズ(B6位)も子供には嬉しいみたいです。

    子供って親を困らせるものですよね、分かっちゃいるけど現実に「ぼくしらなーい」を連呼されたら「ライオンにたべられちゃえ!」なんて思っちゃいますけどね(嘘)。

    掲載日:2009/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピェ−ルとライオン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / はしる!新幹線「スーパーこまち」 / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット