モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

特急キト号」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

特急キト号 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:ふしみみさを
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784569685892
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,566
みんなの声 総数 9
「特急キト号」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 異国情緒溢れる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ルドウィッヒ・ベーメルマンスの1938年の作品で、邦訳は2006年が初版。
    1951年にコールデコット賞を受賞した「マドレーヌといぬ」を始めとしたマドレーヌシリーズが有名ですが、その前の作品ということになります。

    物語の舞台は、エクアドル。
    ペールマンが1937年頃、エクアドルを旅し特急キト号にも乗り、エクアドルが大好きになったことから、この絵本を描いたそうです。

    絵が茶色一色なのですが、赤道直下のエクアドルにピッタリの色。
    デッサンのような絵ですが、一枚の絵を何十回も描き直したそうで、どうりでバランスが絶妙なはずです。

    主人公のペドロは、男の子。
    年齢が書かれていないのですが、まだ歩けない赤ちゃんです。
    そのペドロが、ふとしたきっかけから1人で特急キト号に乗り込んでしまうのです。
    その後は、特急キト号の車掌さんがペドロを保護し、翌日からは一緒にキト号に乗って両親を探すことになります。

    ストーリーよりも、異国情緒溢れる絵に魅了されてしまいました。
    赤ちゃんが行方不明になるなんて大事件なのに、そんなことを微塵も感じさせないのは、醸し出される気候のお陰なのでしょうか?
    何れにせよ、旅情を大いに感じることのできる絵本だと思います。

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「特急キト号」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット