もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

特急キト号」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

特急キト号 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:ふしみみさを
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784569685892
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,566
みんなの声 総数 9
「特急キト号」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • エクアドルに想いを馳せて

    主人公のペドロ(推定1歳)は「キト号」が大好き。一日一回の「キト号」の到来を待ちわびて、その姿見つけけると「ダダダダ!」と、唯一しゃべられる言葉で、お雄叫びを上げます。
    ある日家族で駅までに行った時、目を離した隙にペドロが「キト号」に乗り込んでしまい、そのまま発車してしまいます。エクアドルを縦断する長距離鉄道の「キト号」は、延々とヘドロの町から離れて行ってしまいます。今生の別れか、アンデスでの過酷な旅を思うと『母を訪ねて三千里』を連想しますが、まだ赤ちゃんのヘドロは、自分の置かれた状況に不安を感じることもなく、親切な大人たちに助けられて、飄々と鉄道旅を満喫しているように映って、羨ましく思えました。。
    舞台になっているのは、赤道直下の国エクアドルです。燦々と太陽が照りつけ、“白く”そびえ立ったアンデス山脈の麓の、“緑”のジャングルを抜けて、“真っ赤”な機関車「キト号」が走しる情景が、ページから浮き出て、広がっていくように想像しました。
    実はこの絵本、作者が旅したアンデスをイメージして、“土色”一色で描かれています。
    世界を旅しながら、我流で絵を完成させたベーメルマンスの絵は、一見ラフなデッサン画にも見えてしまいますが、何十回と納得いくまで書き直したと、あとがきにありました。色のない分、自由な想像で、何度でも読むことができそうです。
    もう一つ、表紙に描かれている“2羽のにわとり”の描写がとっても面白いです。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「特急キト号」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット