ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

いのちのいろえんぴつ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

いのちのいろえんぴつ 作:こやま峰子
絵:マイケル・グレイニエツ
詩:豊島 加純
絵:豊島 加純
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784774606743
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,776
みんなの声 総数 14
「いのちのいろえんぴつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 命のメッセージ

    10歳の時に脳腫瘍が発病。
    11歳で生涯を閉じるまでの豊島加純ちゃんの命のメッセージは、右手が使えないので一生懸命左手で書いた詩と先生からもらった12色の色鉛筆で描いた絵。
    運命を予知していたかのように、一瞬一瞬を大切にして時刻までが記載されている。
    今はもうない命のとてもまぶしい輝きだから、いいかげんな気持ちでは読めないと思いました。
    絵本では、こやま峰子さんが文を書き、マイケル・グレイニエツさんが絵を描き、この絵本を成立させています。
    その絵と文に色づけされた加純ちゃんの肉筆と絵。
    主役は豊島加純ちゃん本人です。直筆は読者に感じ取って欲しいと思いました。
    そして、絵本を読んだ自分達にもできることがあることを考えたいと思いました。
    それは、今を大切にすること? 命を大切にすること? 悲しいと思う心を大切にすること? 人を愛すること? 
    みんな、みんな集まって、いろんな色があつまってできるのが「いのちのいろえんぴつ」だから、加純ちゃんのためにできることを一緒に探しましょう。

    天国にいる加純ちゃん、ありがとう。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    2

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いのちのいろえんぴつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット