あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

竜のはなし」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

竜のはなし 作:宮沢 賢治
絵:戸田こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1983年
ISBN:9784924710153
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,768
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これは童話ではありません

    このはなしはおとぎばなしではありません。
    最初にそう書かれていて、宮沢賢治の強い思いを感じました。
    確かに、面白い本でもありませんし、オチがあるわけでもありません。
    この本は自己犠牲を享受する竜のお話。
    毒を持ち、怖いもののない、誰もがおそれる竜が、襲うのを止め、自分の皮を剥ぎ取られてもがまんする、虫に喰われてもがまんする、そして自分は死んじゃった…という話です。
    死んだ竜はお釈迦様になりました。
    これは悟りであって幸せとはかなり異質のことかと思います。
    結論づけられているわけではなく、私は宮沢賢治の問題提起ととりました。
    考える材料にはなりますが、子どもにとっても親にとっても安易な話ではないと思います。
    戸田さんの絵も主張するのではなく、問題提起に参加しているように思いました。

    掲載日:2010/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「竜のはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幻の絵本「とのさまサンタ」の続編!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット