雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

ジンガくんいちばへいく」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ジンガくんいちばへいく 作・絵:ふしはら のじこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年7月3日
ISBN:9784834018516
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,660
みんなの声 総数 7
「ジンガくんいちばへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 20年前のコンゴの市場風景でしょうか。
    たまごをたくさんもって、ジンガ君が初めて市場にでかけます。
    多くの人がいろいろな物をもって出かける青空市場。
    持ち寄った品物で、売り買いして欲しいものを得る。
    買い手と売り手がはっきり分かれていない、既存の施設ではなく広場で持ち寄った品物を拡げる市場。
    「市場」の原型のように思いました。
    頭にものを乗せて運ぶ風習。
    小屋に描かれた絵で、エレキギターも知っているけれど別世界のように、昔乍らの生活をしている人々。
    近代化の落差も面白く感じました。
    市場の鳥瞰図の中で、ジンガ君がおばあさんのいるところにたどり着くまでに、たどった道のりがすべて描かれているのも、楽しめました。
    ジンガ君には冒険だったのに、別の味わいを見つけてしまいました。

    掲載日:2012/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ジンガくんいちばへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / ティッチ / りこうなおきさき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット