だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ジンガくんいちばへいく」 大人が読んだ みんなの声

ジンガくんいちばへいく 作・絵:ふしはら のじこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年7月3日
ISBN:9784834018516
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,660
みんなの声 総数 7
「ジンガくんいちばへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんな荷物を頭にのせてる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    作者はどう見ても日本人なのに、なんでこんなに現地のリアルないおいがする絵本を書かれたのかな?と、思って、作者紹介のところをよく読んだら、実際にご家族であちらに住んでいたことがあったんですね〜。
    (今現在も住んでいるかどうかはわかりませんが)

    この作品は2002年に出版されています。わりと最近の絵本です。
    アフリカの大きな市場の感じがよくわかりました。
    1台の車に大勢の人たちが楽しげに乗っている姿や、車と牛、それに頭に荷物をのせた人たちが、同じ道を使っているところも、変に近代化していない人と人が町を作っているんだって感じがしてよかったです。

    ところでシンガくんの初めてのお使い(?)は、なかなか遠い道のりでした。
    親切なお兄ちゃんも登場して、やっとおばあさんのところにたどり着いたときは、ホッとしました。

    それにしても、みんなどうしてこんなにたくさんの重そうな荷物を頭にのせて首一本で支えられるんだろう〜?向こうの人たちはまず、姿勢がいいんでしょうね。
    とっても楽しい色鮮やかな絵本です。
    ぜひ、たくさんの人に読んでもらいたいです。
    4,5歳から小学校高学年までお薦めします。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ジンガくんいちばへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / ティッチ / りこうなおきさき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット