ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

くさいろのマフラー」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

くさいろのマフラー 作:後藤 竜二
絵:岡野 和
出版社:草土文化
本体価格:\1,300+税
発行日:1979年
ISBN:9784794503770
評価スコア 4
評価ランキング 18,455
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんとに待ち遠しい春

    コウくんは小学校の1年生。うちの息子と同じ年です。
    そのコウ君のお父さん、お母さんは、冬になると東京に働きに出る。
    コウ君は、お母さんが編んでくれたくさ色のマフラーをしっかり巻いて、冬の間、その寂しさに耐えるのです。春まで、春までと思いながら。
    「やい、北風、はやく春をつれてこい。」
    何度も何度も出てくるこの言葉に、コウ君の春を待ちわびる気持ち、両親を思う気持ちが伝わります。
    お母さんが編んでくれたくさいろのマフラー。
    風に飛ばされてなくなったら、お父さんもお母さんも帰ってこないような気がして...
    その気持ちがせつなく、心にきゅっと響きます。
    早く春がきますように、一緒に願いたい気持ち。

    掲載日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三月のフキノトウ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    北海道に住む小一のコウくんが主人公。
    海辺の村なので家族総出で漁の仕事をするのですが、
    冬場はお父さんとお母さんは出稼ぎに行くのです。
    お母さんが編んでくれたくさいろのマフラーをしっかりと巻いて、
    両親が帰ってくる春を待ちわびるコウちゃんの健気さに心打たれます。
    北風にさらわれたマフラーを必死に探すコウちゃんを励まし、
    一緒に探してくれる年上の子どもたちの姿も清々しいです。
    ラストは春の予感。
    冬の終わりごろに、読んであげたい心温まる作品でした。

    掲載日:2010/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くさいろのマフラー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / くだもの / おおきなかぶ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット