雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

ブーアの森」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ブーアの森 作:せがわきり
絵:忌野 清志郎
出版社:TOKYO FM出版
本体価格:\1,333+税
発行日:2002年04月
ISBN:9784887450691
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,697
みんなの声 総数 10
「ブーアの森」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み聞かせにおすすめ!

    この本は子供の通っていた小学校の読み聞かせで読んだ本です。インパクトのある、わかりやすい絵なので集中して聞いてくれました。後日、担任の先生から「あの後、みんなでブーアを探して学校の木を見て回ったんですよ。」と言っていただきました。絵も文も子供たちの中にスーッと入っていく本だと思います。わかりやすい言葉なので、小さい子供でも環境問題を考えるきっかけになる本だと思います。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力の絵で語る環境絵本

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    癌闘病の末亡くなったミュージシャン忌野清志郎さんの作品。
    単なるタレント本かな、と思ったら、どうやら環境絵本らしい、ということでセレクト。
    予想以上に内容のある作品でした。
    木登りが好きなしょうくんが森で木の精と会い、出会ったのが、
    不思議な生き物、ブーア。
    ブーアの目は、危険に応じて青、黄、赤と変化するのです。
    連れ帰ったしょうくんは、自分の住む環境に目を向けます。
    とても迫力のある絵です。
    生前の奇抜なファッションに通ずるところがあるのかもしれません。
    遠目が利きそうだったので、おはなし会で読んでみました。
    テーマ的に難しいかな、とも思いましたが、
    ブーアという、親しみやすいキャラクターに子どもたちが惹き付けられて、
    しっかりと聞いてもらえました。
    やや重いテーマでしたが、そのメッセージがきっと伝わったと思います。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ブーアの森」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / おこだでませんように / たまごにいちゃん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / こんとあき / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット