だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

三ねんねたろう」 大人が読んだ みんなの声

三ねんねたろう 作:大川 悦生
絵:渡辺三郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年
ISBN:9784591003817
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,979
みんなの声 総数 13
「三ねんねたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねたろうは 本当に寝てばかり

    昔は 病気のおっかさんを助けて 優しい、正直者だったんですね、
    それがなぜ 寝たろうになったかが わかりました。

    おっかさんも死んでしまったら 生き甲斐亡くしても仕方ないですよ。

    それが なんと 三年三月 たった 村の秋祭りに 起きたんです。

    ねっからの 正直者のねたろうは  みんなのために すごい力を出すのです。
    ねたろうのちえでなるんです。 みんなにために 川を引いて 米がとれるようになったのですね!


    いい話です。

    あくせく働く 現代人にも こんな余裕と 知恵が必要だなと思いました。

    わたなべ さぶろうさんの絵がほっこりできていいですね!

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「三ねんねたろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット