ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ゆっくりにっこり」 大人が読んだ みんなの声

ゆっくりにっこり 作:木島 始
絵:荒井 良二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年
ISBN:9784033306803
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,900
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 引っ越し!

    「ゆっくりにっこり」いいですね!
    「引っ越し」がテーマのお話ですが,「引っ越し」というと地域的な場所が変わるという意味合いですが,環境が変わるというのもある意味「引っ越し」ですね。
    幼稚園から小学校へ,幼児期から児童期へ。
    そんな子供達にぴったりな絵本だと思いました。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞしながら、小学校入学へ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    荒井良二さんの絵だったので図書館で借りてきました。
    リズムよくごろ合わせ的な言葉の繰り返しで、ものすごく簡単な謎々を出していき、物語がそれで少しずつ進んでいって、最後は小学校入学というイベントが待ちます

    面白いといえば面白いのですが、
    何となく脈略がないといえば脈略が感じられませんでした。
    変なふうにヒゲの生えている犬など、よく見ると、ププっと笑ってしまうような動物やら道具やらがいっぱいで、見ている分には楽しかったですが、
    この作品を小学校や幼稚園など、不特定多数の子どもたちに読み聞かせするのは、
    ちょっと難しいような気がしました。
    個人的に読むのなら、小学校の12年生からでも十分読めると思います。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆっくりにっこり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット