うみのいきものかくれんぼ うみのいきものかくれんぼ
作: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
さかな、たこ、いるか、かになど、うみのいきものがいっぱいのかたぬきえほんです。うつくしい色と形で、いきものの名前をあてっこできる絵本です。

ガブリエリザちゃん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ガブリエリザちゃん 作・絵:H.A.レイ
訳:今江 祥智
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1982年
ISBN:9784579401369
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,968
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ガブリ

    何でも「ガブリ」っと噛み付く、お花のガブリエリザちゃん。
    泥棒退治まで出来るのですから、番犬代わりになっていいんじゃない?なんて思ったのですが、動物園の檻の中に行くことになりましたね。
    ライオンとトラという、猛獣に挟まれていても、笑顔のガブリエリザちゃんには、すごいの一言です。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか手ごわいエリザちゃん

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    食虫植物のガブリエリザちゃんのお話です。
    博士が見つけて持ってきたけれど、とても手におえない・・
    何でもガブリ!とかみついてしまいます。
    しかし、悪者ではなく何とも憎めない愛嬌のあるキャラクターです。

    でも、泥棒をつかまて人助けもします。なかなか一筋縄ではいきません。
    手におえないものを扱う時の
    周りの人の困惑ぶりが、ユーモアたっぷりに描かれています。
    最後のオチはどうかなーと思いましたが、
    お話のテンポがよく、楽しく読むことができました。

    他の方も書いてますが、今江さんの訳がとてもいいのだと思います。

    掲載日:2012/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強烈なガブリエリザちゃん

    女の子が主人公なのかと思いきや、この絵本の主人公は「花」です。
    花っていうと、きれいで、人の気持ちをなごやかにしてくれる、静かな生き物ですが...
    このガブリエリイザちゃんは、ちょっと違う。だって、食虫植物だから。
    しかも、食べるのは「虫」だけじゃないんです。
    「花がお肉を好物だとは思ってもみないでしょうが、そんなのだってあるんです。」
    の文章で始まるこの絵本。
    たしかに、このガブリエルザちゃんは最強です。
    なんだって食べちゃう。お手伝いさんのおしりにくいつき、犬のしっぽは食いちぎり...どろぼうなんてほとんど丸飲みです。
    これって、書きようによってはかなり怖い話だと思うんだけど、ガブリエルザちゃんはいつもニコニコ。そして人気者。
    動物以上に動きのある植物。こんなお話はちょっとありません。
    H・A・レイさんのお話は、文章が多い印象がありますが、これは、文も短め。とても読みやすいです。

    掲載日:2010/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ガブリエリザちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / そらまめくんのベッド / バムとケロのおかいもの / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット