もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

こびとづかん」 大人が読んだ みんなの声

こびとづかん 作:なばたとしたか
出版社:ロクリン社
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年03月
ISBN:9784907542023
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,456
みんなの声 総数 81
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 欲しい!こびとづかん

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    好きです。こういう絵本。笑

    昆虫採集のように小人を採集する男の子。
    とっても一生懸命でかわいらしいのですが、集められる方の小人がとても個性的です。
    小人というととってもかわいらしい男の子や女の子のイメージがあるのですが、ここで登場する小人は・・・オジサンっぽいです。しかもかなり弱いオジサン。笑
    小人の種類も昆虫や植物のように様々で、それぞれの特徴が面白いです。
    小人はちょっと怖くて集められそうにないけど、こんな「こびとづかん」なら是非入手したいです。

    おじいさんに言われて集めた小人たちを戻しに行く男の子。
    素直でとてもかわいらしく、ほのぼのとした気持ちになります。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 先日 なばたとしたかさんの作品の展覧会をみました
    絵本を予約したら たくさんの人が予約していて やっと見ることが出来ました

    絵がちょっとグロテスクなところもあるのですが・・・

    犬のガルシアが見つけてきたのは こびとだったんです
    じいじは 昔こびとのことを観察して  「こびとずかん」をかしてくれたのです(じいじが なかなか 味のある人なんです)
    図鑑には クサマダラオオコビト・リトルハナガラシ・モクモドキオオコビト・ベニキノコビト  四種類のこびとのことが詳しく書いてあって 特徴の説明はおもしろかったです
    なかなか 勉強になる!
    「トウチン」 頭についている 触手(初めて知りました)ここをつまんで捕まえたり青臭いにおいの対処法も丁寧に書いてある
    さすが じいじの観察はすごい!
    しかも記録が丁寧です

    こびとを捕まえて 虫かごに入れていたぼくに じいじはいいました。
    ここがすごい!
    「コビトも人間も なにも変わらない 大きいか小さいか、ただそれだけじゃ」 う〜ん なるほど  じいじは さすがコビトを愛しているのですね
    孫に虫かごに入れられたらどうする?
    こんなふうに教えるじいじの存在  今の私たちにもこんな大人が必要なんですね!

    子供たちには いろんな経験をさせ そして大事なことを伝える

    今 いじめや 子供の遊びが 過激な事が多いのでこの絵本読んでそんなこと思いました
    なかなか 存在感のある 良い絵本でした

    いつか 子供たちに読んであげたい絵本です。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか面白い

    先日朝のテレビでDVDに取り上げられていたのを思い出した!
    グッズから絵本があるかなぁときたので、最初見たときは何コレ!?かわいくないっと思いつつも妙に気になってしまった。
    しかもこびとの数以外といるんですね。

    図鑑と書いてあるだけあって生息地や特徴など細かな所まで書かれているのも面白い。
    読ませるとしたら小学校低学年からと思われる。
    大人でも十分に楽しめるし、本当にいるかもなんて思わせてくれる内容だけれど、さすがに小さい子にはキャラクターが怖いのではないかなあ。
    ちょっとこびと探しに出掛けてみようか?なんて気になります。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • メルヘン<シュール

    会いたくない!!
    見たくない!!
    信じない!!

    と叫んでしまいそうになるぐらい・・・
    かわいさに欠けています。

    でも、何度も読み返してはショックを受けたくなる。
    何度でもショックを味わえる。一品ではないかと・・・

    子どもは喜ぶのかも知れませんが。。。
    でも。。。。
    自分が親になったときには、
    子どもに「あまりハマって欲しくない。」
    No.1の絵本です!笑

    掲載日:2009/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界へ

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ある日、犬のガルシアがヘビの抜け殻みたいな、全身タイツのようなものを見つけてきました。何でも知っているじぃじにきいてみると、それは、クサマダラオオコビトの抜け殻…
    そして、じぃじに借りた一冊の『づかん』を頼りに、小人を探しに出かけます。

    表紙の絵は、とてもじゃないけど、かわいいとは言えません。なんだか、ちょっぴり気味の悪い世界。でも、なぜか引き込まれてしまう不思議な世界。
    昆虫でも、植物でもない生き物、いないかもしれないけど、いるかもしれない。どうせなら、いたほうが面白い。そんな気持ちになってしまう、本当に不思議な絵本です。
    じぃじは、不思議なこと、大切なこと、どんなことでも教えてくれる…改めて、大事な存在であることを教えてくれました。

    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 異色の小人

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    小人のお話なのですが、異色の、見方によってはかなりグロテスクな世界です。
    ある日、不思議な抜け殻のような物を見つけた「僕」。
    物知りのじいじに聞くと、小人らしい。
    じいじから「こびとづかん」なる本を借りた「僕」は、早速小人探し。
    すると、いろんな小人との出会って・・・。
    まずかわいくない小人の姿に驚かされます。
    正直、ずっと読むのをためらっていただけに、納得です。
    でも、生き物との交信のようなものを感じます。
    そして、図鑑ではなく、「づかん」???
    その心は一体何なんでしょう。
    インパクトのある絵本です。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こびとづかん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / 11ぴきのねことぶた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / いいから いいから / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット