ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

きみはきみらしく たいせつなきみ3」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

きみはきみらしく たいせつなきみ3 作:マックス・ルケード
絵:セルジオ・マルティネス
訳:松波史子
出版社:いのちのことば社フォレストブックス
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年
ISBN:9784264020516
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,685
みんなの声 総数 7
「きみはきみらしく たいせつなきみ3」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 作られた流行と群集心理

    「たいせつなきみ3」です。
    順番に読んできて、学生時代に学んだ社会学を忠実にスキャンしているように思っています。

    流行とはなんだろう?
    自然発生的なものもあれば、創られたものもある。
    この話は、現代のコマーシャリズムにもつながる展開。
    流行メーカーのウィズイット氏。
    この人は商売の成功者ではありましたが、多くのウィミックを巻き込んでしまいます。
    はじめは冷静でいたパンチネロも、雰囲気にのまれてしまいます。
    他の人と一緒でいることの安心感。
    多くの人と違う行動をすることに対する不安感。
    一緒でなければいけないんだという強迫観念。
    現代社会では、身近で当たり前のようになっている話かと思います。

    商売人は、次々と流行の流れを変えることで営利を得ようとします。
    流行を大事にする人は、遅れまいと必死です。
    回りを見渡すとそんなことがいっぱい。
    エリや、友達のルシアのように自分がしっかりしている人はいい。
    それほど「きみはきみらしく」ということは難しいことかも知れません。

    子どもにもっともらしく読んであげて足元をすくわれないよう、大人は自分を見直してみるいいきっかけを作ってくれるような絵本です。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きみはきみらしく たいせつなきみ3」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット