おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?

おぎょうぎのよいペンギンくん」 大人が読んだ みんなの声

おぎょうぎのよいペンギンくん 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:H.A.レイ
訳:福本友美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年8月
ISBN:9784033277905
評価スコア 4
評価ランキング 18,374
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ペンギン君は交通課の「ケンちゃん(仮名)」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    読み終わってから、マーガレット・ワイズ・ブラウンの人となりが気になって調べてみたら、外とドラマチックな人生だったのを知ってちょっとびっくりしました。
    そして、なんと42歳の若さで亡くなっていました。

    この絵本は“お行儀”がテーマなので、
    キレイ好きの象徴(?)のアライグマくんのお行儀チェックが結構厳しいです。
    わたしにはイメージとしてちいさいペンギン君は、警察の交通安全課の婦警さんが使う、失敗ばかりしてしまう腹話術人形の「ケンちゃん(仮名)」に見えました。

    アライグマくんの数々の指摘は、昭和の頃の子どもたちなら素直に聞くかもしれませんが、今の世の子どもたちに読んだらどんな反応になるでしょうか。
    この絵本はテキスト(文章)が長いので、読み聞かせで読んだら20分くらいはかかってしまいそうです。
    読む時間に制限のある幼稚園や学校など集団の読み聞かせよりも、マーガレット・ワイズ・ブラウンの作品が好きな人が、自分のお子さんにゆっくり読んであげるほうがいいかもしれません。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • マナーを根っこから考えるのに良い絵本

    絵がとにかく可愛いのと、鮮やかな緑色の表紙に魅かれて手に取りました。

    おぎょうぎの悪いペンギンくんがアライグマの丁寧な指導によりマナーを学び、おぎょうぎのよいペンギンになる絵本。

    「マナーなんて知らない」
    と言ってぽたぽたと涙を落とすペンギンくんの姿が可愛くて慰めたくなってしまうけど、確かにマナーって教えてもらわないとわからないことだなーとしみじみ感じました。

    “思いやりのきもちさえあればマナーは簡単なこと”
    とありますが、そう、確かにそうなんですけど、まずは思いやりの気持ちってどう表現すればいいの?そんなところから、自分の子どもには教えてあげようと思いました。

    あと、人の良いところを真似する、悪いところは反面教師にする、
    そんなところも描かれていて、わかりやすくていいなと思いました。
    マナーを1から考えるのにおすすめの絵本です。

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるのジョージ

    以前”おさるのジョージ”という絵本を読んだ事がありその時からH・Aレイさんの作品に注目するようになりました。この絵本も彼の作品だったので選びました。自分の知らない事を知らないと恥ずかしがらずに言える主人公が素晴しいと思いました。そして、学ぶ気持ちを持っている事も素敵でした。主人公が体験を通してどんどん知識を吸収していく様子が愛らしかったです。学ぶ事の素晴らしさを感じられる絵本でした。

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ズレているところが、子どもみたい。

    • 千日紅さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子1歳

    おぎょうぎを知らないペンギンくんに、アライグマくんがマナーを教えようとするのですが。
    ペンギンくん、何しろトンチンカンなことをたくさんします…しかし、「完成した大人の化身のようなアライグマくん」にはごく当たり前のことでも、何も知らないペンギンくんにはわからないほうが当たり前なのかもしれません。

    ペンギンくんの切り返しを見ていると、ある意味、理にかなっている(屁理屈っぽいけど、本人はごく真面目?)…と感心するとともに、大人にいろいろ教えこまれるときの子どもって、ここまでしゃべれないからこんな理屈はこねられないけど、まさにペンギンくんのような心境なのかもしれない、ペンギンくんみたいに、脱線をしながら理解に近づくしかできないのかもしれないと思いました。
    大人にしてみれば、何でそんな遠回りをするのだろう?と思うけど、子どもにしてみれば、寄るべき理屈のほうがまだできていないのだから、脱線するほうが当たり前なのかも?…と、妙な納得をさせられたのでした。

    独特のユーモア(真面目なズレというか)が、おかしいです。

    掲載日:2007/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おぎょうぎのよいペンギンくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / まくらのせんにん そこのあなたの巻 / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。


マグネットピースが付いた、きせかええほん!

みんなの声(18人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット