うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

しらんぷり」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

しらんぷり 作:梅田 俊作 梅田 佳子
絵:梅田 佳子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年
ISBN:9784591054253
評価スコア 4.88
評価ランキング 31
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 歯ごたえのある本です

    219ページにわたる絵本の大作。息子相手に読み聞かせ40分。とても気力のいる絵本です。
    しかし、読み終えてみると、このボリュームは梅田さん夫妻にとって必要な厚さだったことがわかります。それほどこの219ページには梅田さんたちの思いが満ち溢れているのです。
    話はいじめの話です。小学6年生のクラスのいじめがテーマ。
    写生のときにヤラガセたちにいじめられていたドンチャン。そのことを言い出せない僕。日常のクラス、万引き、劇の発表会、卒業式。主人公が過ごした小学校6年の一年。人間関係、心の動き、行動を梅田さんたちは白黒のざらついた絵で表現しています。話は濃厚なのに、文章は凝縮されていて飾りがない。あえてシンプルな絵を押し通しているところに、いじめに真正面から取り組もうとする姿勢がにじみ出てきます。

    息子は、自分に照らして見ていたのでしょうか。長い読み聞かせに付き合ってくれました。他人事ではなく、身近な小学校でも中学校でも、いじめやら、しかとやら、子ども同士の人間関係、親との関係、きれいごとでは済まなくなってきている状況を感じます。

    絵本を読むことだけで、きれいごとで終わらせてはいけない。かといって、絵本で説教してはいけない。
    絵本を読むことだけで思いを伝えること。これが重要かと思いました。

    掲載日:2010/03/04

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しらんぷり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / うんちしたのはだれよ! / ちびゴリラのちびちび / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット