だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぼくじょうのくまさん」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくじょうのくまさん 作:フィービー・ウォージントン ジョーン・ウォージントン
絵:フィービー・ウォージントン ジョーン・ウォージントン
訳:間崎 ルリ子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年
ISBN:9784924938779
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,569
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くまさんの一日。

    牧場で働く、くまさんのおはなしです。
    朝起きて、朝食を食べて、牛のお乳を搾って…
    と、くまさんの一日を追っていきます。
    読んでいると、何だかスローライフを送っているような気分になって、
    ゆったりとした気分で読み聞かせできる絵本です。
    牛乳ってこうやってできるんだね。卵って…と、
    食育にも一役買える絵本だなと思います。
    息子はたぶん、途中で出てくる「トラクター」に惹かれているのかな。この本は、息子のかかりつけの病院に置いてあるのですが、
    もう何年も病院へ行く度に読んでいる本です。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供にもわかる仕事の大変さ

    くまさんシリーズの1冊。
    これだけ出版社が違うんですね。
    でもくまさんの淡々とした日々、そして仕事に対する取り組み姿勢など、シリーズで一貫していますね。
    このお話、起承転結があるわけでも、華があるわけでもないのですのですが、息子の読みたがるシリーズの1冊です。
    日々まじめに生きていくことの大切さ、どの仕事も大変だということ、そんなことが子供心にもわかるようです♪

    掲載日:2007/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくじょうのくまさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット