もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

たなばたむかし」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

たなばたむかし 作:大川 悦生
絵:石倉 欣二
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年
ISBN:9784591016671
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,974
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろいろなお話があるのですね 

    たなばたにまつわるお話はいろいろあるのですが、哀しいお話が多いように思っていました。
    このたなばた話は初めてなのですが、どこかきいたことのあるお話がいくつか重なっているようにも思え、民話としてはとてもまろやかなお話かと思います。
    天女が水浴びをしているところに行き合わせたいぬかいさんは一人の天女の羽衣を隠してしまいます。
    羽衣を隠しておいてお嫁さんにするというのですから、あまり良い人ではないようにも思うのですが、天女のたなばたさんの心のやさしさ、二人は結婚して子どもまで生まれました。

    羽衣を隠されていることを知ったたなばたさんは、子どもたちと天に帰ってしまいますが、いぬかいさんが天まで来られる方法を書きのこします。
    千足のわらじを作らねばならない話が、一足不足のまま天に登って行ったり、危なげないぬかいさんですが、天ではまた夫婦子どもはまた中睦まじく過ごします。

    ウリを縦に切ってしまったばかりに天の川が生まれたとか、いのかいさんとたなばたさんが星になったとか、牽牛と織り姫になったとか、七夕伝説になっていきますが、絵をみていたらすべてを許せるようなホンワリした良い気持ちになりました。

    投稿日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たなばたむかし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット