だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

まほうの夏」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

まほうの夏 作:藤原 一枝 はた こうしろう
絵:はた こうしろう
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784265034727
評価スコア 4.87
評価ランキング 40
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 田舎の体験は私の宝物です

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪8歳

    この絵本を読んでいると歌手の井上陽水さんの少年時代を歌いたくなりました。
    都会育ちの子供はコンピュータゲームしてぽてちくって、色も白いし、軟弱そうに最初描かれています。
    それが、田舎のおじさんから田舎への招待状がくることで二人の運命はかわります。といっても悲劇的なものじゃなくて、大人でも小さいころ夏休みの間田舎でやったいろいろなこと(むしをとりに森へ行ったり、川に落ち、ヤブカにさされ、夕立にあってぐちゅぐちゅのボコボコのどろどろになります)そんな散々な目にあっても楽しいのですよね。
    都会の子供二人は夏休みの田舎でのできごとを宝物のように心にしまって、ときどき思い出しては来年も行くぞ!と夏休みを楽しみにして毎日学校に行くのです。田舎の体験は大人も子供も持っている宝物なのですよね。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • いなかの夏

    都会の兄弟が夏休みを田舎で過ごし、普段は出来ない遊びを体験するお話。
    自然の中での様々な体験がこの兄弟にとって、新鮮であり、驚きであり、成長であり。
    いつもと違う生活は子どもに大きな影響があるんでしょうね!

    私も子どもの頃、おばあちゃんの家で過ごした夏休みを思い出し、懐かしくなりました。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏休み前に

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    夏休み前の読み聞かせにと思って図書館に予約してましたが
    人気の本だったのか、間に合いませんでした(^_^.)

    自分の子供達に読みきかせたところ
    どんな夏休みにしようか、色んな遊びをしたいとワクワク読んでました。
    うちは田舎と都会の中間くらいの場所で素。本に出てくるような
    田舎のような体験も少しは出来ますが、思いっきり外遊びさせたいなあと、私も思いました。

    絵がかわいらしくて、特に男の子への夏休み前の読み聞かせに最適だと思います。

    掲載日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まほうの夏」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / だるまさんが / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット