しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

魔女ひとり」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

魔女ひとり 作:ローラ・ルーク
絵:S.D. シンドラー
訳:金原 瑞人
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784338119047
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,629
みんなの声 総数 31
「魔女ひとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 数の絵本なんだね。

    • ぽにょさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳

    ハロウィンも近いので、読んでみようかと手にした1冊ですが、1人が2匹になり、3ンン4人と増えていって、最後は魔犬が10頭。
    出てくるのはドラキュラや骸骨に真っ赤な血やガラガラヘビ。

    幼児にはちょっとハードかな?と思ったら、意外と喜んで見ていた我が家の娘さん。魔女が作った不気味なシチューを「いただきま〜す。んー、おいし〜。」だって。

    1から10、10から1と戻っていく数遊びを兼ねた、ちょっと不気味でコミカルなおはなしでした。

    投稿日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと不気味がとってもいい!

    • うめちびさん
    • 30代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    数をかぞえながら、出てくる出てくる不気味な生き物。

    なんだかとっても気味が悪いのに、不思議と絵本の世界にひきこまれます。
    最後の魔女のほほえみが本当にぞくぞく!
    でも目をはなせない。

    毎年ハロウィンの時期には欠かせなさそうな1冊です。

    5歳の娘も3歳の息子もとても気に入って何度も読んだ絵本です。

    投稿日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る直前に読むと本当に怖いかも!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    ハロウィン用に一緒に読んだのですが、
    なんとなーくほのぼのとした魔女のお話を想像していたら、
    とんでもなかった・・・。

    ノラ猫、かかし、ゴブリン、ドラキュラ、ミイラ、と、
    一人ずつ増えていくお化けキャラたち。
    それぞれからいろんなアイテムをもらって、
    シチューを作ることにした魔女は、
    今度はパーティの招待状をみんなに配ります。

    ピラミッドにいるミイラにまで
    お手紙を配達してくれるコウモリ達の律義さには
    ちょっと笑ってしまいましたが、
    いざシチューが出来上がってみんなで食べた後の
    一番最後のシーンには、
    思いっきり怖がった娘でした。

    このまま寝るのは怖いので、
    他の本を一冊読んでからベッドに入りました。

    寝る直前に読むと本当に怖いかも!
    日中の方がおススメです。

    投稿日:2016/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数え歌

    「まじょがひとりでおかのうえ からっぽおなべのふたとった」と始まり、つぎはのらねこが2ひき、かかしさんにん、といったように、ひとつずつ数が増えていきます。
    魔女は出会うものたちからいろんなものをもらってかばんに入れていくのですが、だんだんとこわーいものになっていって。。。
    ちょっと気味の悪いものなのですが、数え歌らしくリズムに乗って読んでいけるので、怖い感じは全然しません。
    おばけたちの表情もそれぞれに面白くて、楽しく読めました。
    ハロウィンの頃に読み聞かせで使うのにも適している絵本だと思います。

    投稿日:2015/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数数え絵本

    このお話はモンスターの数で数字を覚えれたりできて、小さい子には勉強になる絵本でした。うちの子は大きいのでモンスターの絵が怖い感じだったのをとっても楽しんで見ていました。最後のページに魔女からスープを進められて「えぇ〜!!」って言って笑っていました。

    投稿日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数より絵

    ‘魔女がひとり’から始まり、二匹、三人・・・と十まで数が増えていき、そして、十から、一まで減っていきます。
    なかなか個性的な面々のため、娘は数には全く意識が向かず、出てくるメンバーのようすを必死で追っていました。
    少し変わった数の本としてよりは、本格的な洋オバケを楽しんでほしい
    絵本でした。

    投稿日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「魔女ひとり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / くさる / おつきさまこんばんは / だるまさんが / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット