あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

おもちゃ屋へいったトムテ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おもちゃ屋へいったトムテ 作:エルサ・ベスコフ
絵:ささめや ゆき
訳:菱木 晃子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年
ISBN:9784834015690
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,061
みんなの声 総数 14
「おもちゃ屋へいったトムテ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とても楽しくとても温かいお話

    クリスマスの時期に、小学校1年生の娘がじっくり読めるお話がないかと探しているときに見つけた1冊。
    同じ作者、ベスコフの「三人のおばさん」シリーズも親子で大好きなので、
    このお話もきっと好きな感じだろうなと期待して読み始めましたが、
    予想以上に楽しいお話でした。

    はじめは「トムテ」という存在がどんなものか知らずに読み始めましたが、
    ドキドキ、ワクワクの展開に、夢中になって、
    途中からは、自分がトムテになった気分。

    人形に間違えられておもちゃやのショーウィンドウに飾られてしまった「トムテ」が、
    子供たちが見ているときだけ大胆に動いたり、
    ウインクしたりするのを想像すると、
    おかしくてたまりません。

    最後には、屋根裏部屋にすむさびしい男の子に、
    お友達を紹介してあげた「トムテ」。
    とても楽しく、そしてとても温かいお話でした。

    投稿日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実はいるんだよ!と思える作品

    誰も知らないけど、実はわたしの家にはね…
    小人がいるの。妖精がいるの。かわいいおばけがいるの。
    そんなことを子供のころ何度となく想像しました。
    目にはみえない何かが存在する。
    そして夜になると、彼らが遊んでいる。
    そんな想像を何度となく楽しんでいた気がします。

    このお話は、そんな非現実なものが繰り広げるファンタジー。
    北欧のクリスマス前後が舞台です。

    北欧の人たちにとっては昔話の1つとして語り継がれているような小人トムテの子供のやんちゃなお話です。
    北欧の人にとって、トムテとはとっても身近な存在で、
    日本での座敷わらしとか福の神とかと同じような存在なんだろうなあと感じました。
    なので、物語を読む上では、トムテという存在が北欧の人に比べると我が家(我が息子)にとって身近ではないのが残念でしたが・・・

    とはいえ、お話の流れは昔話のファンタジーといった感じですし、クリスマスを舞台としているだけあって、とっても心の温まるお話。
    そして何よりも実は小人が存在するんだあ!
    と、子ども心をくすぐるような展開だったと思います。
    なので読後とっても幸せな気分になりました。

    分量的には童話の量かなあ。
    ですので、小学生以上のお子さんにおすすめします♪

    投稿日:2009/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おもちゃ屋へいったトムテ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット