オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

海のいのち」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

海のいのち 作:立松 和平
絵:伊勢英子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年
ISBN:9784591041758
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,449
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 男の生き方

    一人海に潜って、海の主ともいえるクエの前で死んだもぐり漁師の父。
    息子の太一を一流の漁師に育てて、静かに死んでいった与吉爺さ。
    そして、中学を卒業すると漁師になるために与吉爺さに弟子入りした太一。
    3人の海の男はそれぞれに海に向かい合う。
    漁は男のロマンなのだろうか。
    太一が海に潜って、父と向かい合っただろう海の主のクエと対峙するところが、とてもスリリングだが、太一の選択のみごとさがこのお話に、とても意味深さをもたらしている。
    太一はクエに自分の父を見たのだ。
    「海のいのち」というタイトルに込められたシンボリックなシーン。
    何故だか、太一は父の命を乗り越えたのだと感じた。
    立松和平の文章が繊細で、幻想的で、生き生きと海と男たちの生き様、葛藤、海に魅せられた恍惚感を表現している。
    海の中のシーン描写、与吉爺さの臨終の描写などはうっとりするような象徴性に満ちている。
    素晴らしいヒット作だと思う。
    この物語に唯一女性が登場する場面がある。
    太一の海に向かう姿勢に、不安をもつ母親の言葉である。
    男たちにとっての海は、女には危険がいっぱいで理解できないものなのかもしれない。

    でも…。

    伊勢英子さんの絵は、明らかに男の視線でこの物語を描いている。
    海に潜った太一と海のシンフォニックな描写、海のきらめき、そして海の生き物たちの交響…。
    なんと感性的な描き方なのだろう。
    思わずうっとりしてしまった。
    泳げない伊勢さんが体当たりで、海に潜って得たものを絵の素材にしたのだろうか。

    見ても読んでも飽きない逸品だと思う。

    投稿日:2012/05/16

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「海のいのち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / くだもの / めっきらもっきらどおんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット