となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

ねずみくんとおんがくかい」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみくんとおんがくかい 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年11月
ISBN:9784591024034
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,450
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい音楽会

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    ペンギンさんから音楽会でトランペットをふいてと頼まれたねずみくん。けれど、どんなにがんばってもねずみくんは音が出せません。
    他の動物さんたちはすでに、自分の体の大きさや特徴に合った楽器の担当になっていて、ねずみくんと交換してくれそうにもありません。
    困ってしまうねずみくんとねみちゃんです。
    ねみちゃんとねずみくんでもできそうな楽器、どんなのいいかなあと息子と考え、タンバリンとかトライアングルとかならどうかなという話になりました。
    最終的にねずみくんとねみちゃんが担当したのはピアノでした。
    お〜なるほど。ねみちゃんとねずみくんがピアノの鍵盤の上を飛び跳ねている様子を想像するととっても楽しそうですね。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな楽器

    どうぶつたちの音楽会。
    ねずみくんはトランペットを渡されますが、音を出すことができません。
    他のどうぶつの楽器と取り換えっこを試みますが、どれもねずみくんには合わないみたいです。
    会話文と擬音だけでおはなしが進んでいくめずらしい絵本です。
    最後にはみんななかよく音楽会を開くことができました。
    見開きいっぱいに描かれたどうぶつたちの演奏する様子がこどもには嬉しかったようで、これは何?これは?と見慣れない楽器に興味深々でした。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽器♪

    いろいろな楽器が出てくる本、というのも、いつかは読んであげたい
    絵本のジャンルだと思いました。
    (もちろん、実際に触ったり、音を聴けたらもっと素晴らしいですが)

    よく知っているねずみくんシリーズで、トランペットやハープなどの
    楽器がたくさん登場するので、より一層注目できたように感じます。
    読み聞かせるときに、できるだけ擬音を真似するようにしたら、
    楽しそうに聞いてくれましたよ。

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみくんとおんがくかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット