ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

ねむいねむいねずみ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねむいねむいねずみ 作・絵:佐々木 マキ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1979年06月
ISBN:9784569585970
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,505
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 眠さは怖さに勝る

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    迷い込んだお化けがいそうなお屋敷。
    どうもいるみたい、でも眠いので寝てしまうネズミの話。
    佐々木マキさんの絵本です。
    たくさんシリーズが出ているみたいですね。

    不思議な感じを残したまま、終わる絵本です。
    眠いときは確かに寝てしまいそう、悪夢じゃなければ。
    用意された朝ごはんを見て
    やっぱり ここは おばけやしきなんだねぇ。
    ぼんやり言われ、ふつうに食べるネズミを見ると
    ちょっと素敵な出来事みたいなので変な感じです。

    掲載日:2014/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふるい家の正体は?

    ねむいねむいねずみは旅の途中で
    古い家に泊まることになったのだけど
    その家がとっても奇妙。
    いろいろ不思議な現象に見舞われて
    一体この家の正体はなに?なんなの??と
    ドキドキしながら読み進めます。
    親子でねずみくんはどうなっちゃうんだろうと気持ちは最高潮。
    すごく盛り上がってたんですが
    あらら?ラストはちょっと拍子抜けでした^^;
    でも眠たいばっかりであんまり物事に動じないねずみくんが面白いですね。
    娘は“ねずみがたびをしていたよ”という毎度同じ出だしの文章が
    可笑しいらしくてゲラゲラ笑っています。

    掲載日:2008/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねむいねむいねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット