大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

アレクサンダとぜんまいねずみ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

アレクサンダとぜんまいねずみ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1975年01月
ISBN:9784769020059
評価スコア 4.79
評価ランキング 371
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トカゲに魅せられて

    3歳には、物語の深いところは理解できないかもしれませんが
    3歳児にも読み聞かせできるストーリーだと思います。

    レオ・レオニの作品は、絵もかわいらしく子供の好きな動物もでてきて
    更に文章も長くないので、3歳頃から読み聞かせするのに調度よいです。

    願いをかなえてくれるトカゲが幻想的で魅せられます。
    いかにも魔法が使えそうな感じのイラストで
    さらに、むらさき色のこいしが、ぞっとするほど美しく

    生きていることって、とっても素晴らしいこととは
    まだ3歳では理解できませんが、
    最後にネズミが二匹になって嬉しいみたいです。

    息子が何かしらを感じるまで 長く読んであげたいと思います。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 妬み、友情、勇気・・

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    レオニ作品にしては、わかりやすいテーマの作品です。
    明るい色合いで貼り絵の仕上げもとても綺麗でしたので、
    いつも図書館で借りてばかりでしたが、レオニさんの絵がお気に入りの4歳の息子に購入しました。

    人間に疎まれて暮らしてるねずみのアレクサンダ。
    ある日、同じねずみの形をしてるのに人間にかわいがられてるぜんまいのネズミと出会います。
    アレクサンダは、姿を変えてもらうまほう使い?のトカゲの存在を知って、おもちゃにしてもらおうと思うのです。
    しかしある事件がおこって、アレクサンダの出した結論は違う方向に・・。
    勇気を持ってお願いに行くアレクサンダーが素敵でした。

    妬みの感情、人間の勝手さ、相手のために行動すること、友情のあり方、
    おもちゃは捨てられてしまうけれど、本物は主体的に生きられるんだな
    ということなど、
    短いお話の中でいろんなことをこちらに投げかけています。
    息子は、まだまだお話の訴えてるテーマの半分くらいしかわかってないと思いますが、何度も読み聞かせてあげたいです。

    掲載日:2009/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 相手がよく見える

    本物のネズミのアレクサンダは大事にされてるおもちゃのぜんまいネズミが羨ましくて、ぜんまいネズミになろうとするのですが・・・結局最後は、おもちゃは飽きられたりして捨てられることお知って、ぜんまいネズミのウィリーを本物のネズミにしてくれと頼んでいました。浅い考えで羨んだりすることっていっぱいあると思います。でも、結局今のままがいいんです。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ち

    娘に読んでいたら、ぬいぐるみを大切を大切そうに抱きしめていました。
    アレクサンダの優しい気持ちが「優しさ」をうつしてくれました。
    最後の結末が一緒に踊りたいくらい大好きです。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せとは?

    3歳の息子に読みましたが、早すぎました。小学生くらいになってようやく意味がわかる絵本だと思います。

    いつも人間に殺されそうになるねずみと、おもちゃのねずみ・・・どちらが幸せなのか、幸せとはそもそも何なのか、色々と考えさせる絵本です。

    私には、どんな逆境にあろうとも、心が自由であることが幸せなのかなと思えるのですが、どうでしょう。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然と芽生えた気持ち。

    • モサムネさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳

    レオ=レオニ。相変わらず勇気をくれる素敵なお話。
    アレクサンダの優しさが自然で教訓くささを感じない。
    アレクサンダに自然と芽生えた気持ちに見える。
    友達をみつけたねずみが、友達を大切にした小さなお話。
    本当に大切なことを決める力。
    決断力って大事だなあ。

    知り合いの保育士さんがオススメです。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情の本

    ねずみのアレクサンダは、可愛がられるぜんまいねずみがうらやましい。自分もぜんまいねずみになりたい、と思いますが、仲良くなった後は逆にぜんまいねずみを本当のねずみにしてあげたくなります。トカゲにお願いして、その願いがとうとう叶います。

    最初にちょっとは嫉妬もありますが、全体を通して分かりやすい友情の話です。寿命もあり、食べ物を手に入れないと死ぬ、おもちゃに比べて可愛がられない、本物のねずみになるのが果たして良いのか悪いのか、ちょっと考えてしまいますが、、、、その後が気になる絵本ではあります。

    分かりやすいし、絵も子供好きするので、全体としてはなかなかおすすめできる本です。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • アレクサンダとぜんまいねずみ

    レオ・レオニさんの絵が好きで
    娘にも見てもらいたくて購入しました。

    この本を読んでから、少しおもちゃを大事にするように
    なった…??、気がします。
    そんなにごちゃごちゃしたお話ではないのに、
    人間の身勝手さとか、アレクサンダの心の移り変わりとか、
    意外と盛り沢山の内容になっていて、
    小さい子には難しいかなぁと思います。
    まぁ、純粋に絵を楽しむのもいいですよね。

    娘はこの本もネズミの本と呼んでいます。

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アレクサンダとぜんまいねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ / だるまさんが / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(79人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット