うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

アレクサンダとぜんまいねずみ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

アレクサンダとぜんまいねずみ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1975年01月
ISBN:9784769020059
評価スコア 4.78
評価ランキング 434
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あたたかくて綺麗な絵本でした。

    私にとってレオ・レオニの作品は、ストーリーはシンプルなのに、含んでいる意味が
    深すぎて、正直なところ、よく熟せないことが多いのですが、この『アレクサンダ
    とぜんまいねずみ』ほど、すっと心の中に入ってきて、そして最後に心温まる話は
    なかったかもしれません。

    本当に陳腐な言い方ですが、いい話だなと思います。
    そして、絵本で使われている“柄”がとても素敵なのと、あの印象的な“とかげ”の色
    が目を見張ります。“紫色の小石”もとても神秘的で、満月の夜のとかげが願いを
    叶えてくれるページがとても素敵でした。ステンドグラスを見ているようでした。
    もしかして、あの“とかげ”はあの綺麗な紫色の小石を吸い取ることで、あの素敵な
    色を蓄積していったのかな?

    自分がアレクサンダだったとしたら、機転が利けば、同じ選択をしたかもしれません。
    とかげ、アレクサンダのねがいをかなえてくれて、ありがとう!

    こんなちょっと神秘的で心温まる話を、子供に読んであげれてよかったです。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懐かしいです

    • ももうさ♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    小学校の教科書に取り上げられており、
    絵本でも読んだ覚えがあります。
    とにかくアレクサンダとぜんまいねずみの姿形が愛らしく、
    大好きな大好きなお話でした。


    憧れていたバーチャルな世界は、
    飽きられると捨てられてしまうという冷たい世界であった事。
    幸せはリアルな世界にこそあり、
    魔法のトカゲの願い事は、大事な友人を救うために使うべき事。

    それらに気付けたアレクサンダは、
    優しく賢い、本当に本当に素敵なネズミです。


    もう少し大きくなったら、
    娘にも読んであげようと思います。

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当の幸せ

    6歳の長女と読みました、

    ふつうのねずみのアレクサンダとぜんまいねずみのウイリーのお話です。ぜんまいねずみに憧れるアレクサンダ。紫色の小石をみつけてカメレオンに渡すと願いをかなえてくれると知り、見つけますが。アレクサンダの願ったことは…。6歳長女にはまだ難しかったようですが、大人の私には考えさせられるものがありました。深いお話です。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子12歳、女の子9歳、女の子7歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。二年生ばかり10人弱の
    子どもが聞いてくれました。

    スイミーを習っている二年生のために、
    レオ・レオニさんのほかの作品を紹介したくて…。
    長女が2年生のころ、担任の先生から
    ほかの作品も読んでみてね、好きな作品を紹介してね、
    と言われたので、図書館で何冊も借りていろいろ読んだ中で
    一番心に残ったのが「フレデリック」とこの作品でした。
    私的には「フレデリック」のほうが好きなんだけど
    「フレデリック」は舞台が冬なので
    夏に向かう季節の今回は、この作品にしました。

    とっても元気な今年の2年生、晴れた日には
    呼び込みに行っても、教室には一人もいないし
    今日も来てくれないかもしれないなぁ、と、
    思っていたのですが、この日は雨で…。
    しかも集まってきてくれたのは、2年生ばかり。
    この作品を見るなり「これから読んで」と
    リクエストを受けました。
    本当はワハハと笑える絵本から
    読んでいくつもりだったのだけれど、
    リクエストに答えて一番始めに読みました。
    予想通り、少しいた一年生は退屈して
    どこかへ行ってしまったけれど
    二年生は最後までしっかり聞いてくれました。

    所要時間約6分です。

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達への思いを感じました

    人間に嫌われている本物のねずみと、可愛がられているおもちゃのゼンマイねずみのお話。

    本物のねずみは可愛がられているおもちゃのねずみを羨ましく思い、不思議な力によっておもちゃのねずみに変身しようとします。
    ところが、おもちゃのねずみは既に飽きられ捨てられそうになっています。
    そこで、本物のねずみは友達であるおもちゃのねずみを本物のねずみに変えてくれるように頼みます。
    願いはかない、二匹のねずみは一緒に暮らす事になります。

    本物のねずみは羨ましいという気持ちからだけでなく、一人でいる事に寂しさを感じて、同じになりたいと強く願ったのではないかと思いました。どれほど仲良くなっても本物のねずみとおもちゃのねずみは同じ世界では生きられないので。
    他にも色々深い読み方が出来そうな絵本なので、子供と一緒に何度も繰り返し読みたいと思いました。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アレクサンダとぜんまいねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット