おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

アレクサンダとぜんまいねずみ」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

アレクサンダとぜんまいねずみ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1975年01月
ISBN:9784769020059
評価スコア 4.78
評価ランキング 434
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • むらさきのこいし

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    昔、表紙のかわいらしいねずみに魅かれて手に取り
    想像以上の深いお話に入り込んだ覚えがあります。
    今回久しぶりに読み直してみました。

    コラージュのような色鮮やかな美しいページが沢山ある中でも、
    強く印象に残っていたのが「むらさきのこいし」と「まほうのトカゲ」でした。

    満月の夜、アレクサンダが抱える「むらさきのこいし」は本当にきれい。
    石だけ見ると、何の変哲もない紫色の石なのに、不思議です。
    自分のことばかり考えていたアレクサンダが、
    ウィリーの悲しみに共感したとき「とつぜんめにはいった」むらさきのこいし。
    しあわせになるために必要なことは何なのかを象徴しているようにも感じました。

    また、「はなばなとちょうちょうのいろをした」幻想的なトカゲは
    魔法使いというより、神様のよう。
    「おまえはだれに、それともなにになりたいの?」
    アレクサンダはウィリーを救ったのと同時に
    「自分は自分になりたい」と答えを出したようにも感じました。

    最後のページのねずみ達の表情がとてもいい。
    音楽でも流れてきそうな、喜びにあふれたダンス。
    今はまだ真っ白な未来に、生きているネズミとして大変なことがあっても、
    2匹はずっと友達でいられるのではないかしら。

    低学年の教科書に載っている小学校もあるのですね。
    今回、息子の反応があまりなかったせいもあると思うのですが、
    もう少し大きい子向けな気もします。
    でも、いい絵本との出会いを阻む理由はありません!
    小学生くらいから大人まで、年齢やその時々の自分の置かれた状況で
    読み方が幾通りにも変わりそうな奥深い絵本、おすすめです。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    6
  • 幸せってなに?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    アレクサンダという名のねずみと、おもちゃのねずみ「ウィリー」の友情物語。

    最初は、ウィリーがとても羨ましく思いました。
    人間に大事にされ、ちやほやされているウィリー。
    人間に嫌われ者のアレクサンダは、どうにかして、
    おもちゃのねずみになりたいと思ったのです。
    しかし・・・

    アレクサンダにとって、ウィリーが幸せ者に見えたのね。
    それで、アレクサンダも幸せになりたいって願った。
    ウィリーのようなおもちゃのねずみになれば自分も・・・
    でも、そのウィリーが幸せでなくなった時、
    アレクサンダは、自分がなんとかしなきゃって思った。
    だから、願い事は、ウィリーのために願った。
    相手の幸せを願ったけど、アレクサンダもかけがえのない友達を得た。
    幸せそうに踊るふたり。
    すごく、うれしそう。

    本当の幸せってなに?本当に大切なものってなに?
    子供にも、しっかりと考えさせてくれるようなおはなしですよね。
    レオ・レオにさんの作品は、深く考えさせられるおはなしが多いでしょ?
    難しいな〜と思うことが多々あるんだけど、
    このおはなしは、2年生の娘の教科書にも教材として載っているくらいだから、
    わかりやすいと思います。
    只、やっぱり、少し大きめのお子さんへの読み聞かせにあっているかな。

    今回は、図書館の「大きい大きい紙芝居」での読み聞かせで聞きました。
    娘も「知ってる!」と言いながらも、最後までじっくり聞いていました。

    掲載日:2008/11/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 本当の幸せ。

    • こはる食堂さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、女の子5歳

    小2の娘の国語の教科書に載っていて、毎日 宿題の音読を聞くうちに絵本で読みたくなり、借りてみました。

    ねずみのアレクサンダは、いつも人間に疎まれ追い回されます。うんざりしている彼の前に現れたぜんまいねずみのウイリー。

    ウイリーは子どもに可愛がられ、いつも大事にされています。ぜんまいを巻いてもらわないとどこにも行けないウイリーですが、そんな彼の事をアレクサンダはうらやましく思います。

    そして不思議なとかげにぜんまいねずみにしてもらうためにむらさき色の小石を探すのですが、とうとう願いが叶う時、アレクサンダは思いも寄らない言葉を口にします。

    それは、親友のウイリーを自らと同じ生身のねずみにする事でした。

    あんなにぜんまいねずみになる事に憧れていたのに、自分らしくある事の意味を知ったのです。


    美しい挿絵も、文章も淡々としていますが、静かな感動、切なさが込められていて、じんとします。

    手元において、ちょっと辛い時に読みたいような本です。

    掲載日:2013/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の人生に自信をもって

     「幸せの絵本〜家族の絆編」の中から娘が見つけた「読みたい絵本」の1冊。早速図書館で探して借りてきました。

     レオ=レオニの作品を読んだのは、何年ぶりのことでしょう・・・。
    小さい子だけでなく、小学生でも大人でも楽しめる作品が多いことに改めて気づきました。

     このお話が、「ぼく、わたし、かけがえのない自分を見つけた幸せ」の1冊に選ばれた理由もよくわかります。
     世界に2人といない自分。誰にも代わってもらうことのできない自分だけの人生・・・そのことを常に忘れず、自信をもって、これから先も強く生き抜いていってほしい・・・それが母としての願いです。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の幸せ?

    • ムスカリさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子6歳、男の子2歳

    ぼくの国語の教科書にのっています。

    アレクサンダがぜんまいのねずみになりたいと思っていた時、ぼくは、動けないしパンくずも食べられないのにどうしてなりたいんだろう?と思いました。かわいがられるからって2匹になったら変に思われるぞ!

    そうしたら今度はウィリーが捨てられる箱に入れられてしまいました。
    古いおもちゃはなんで捨てられちゃうのかな?かわいそうだな?と思いました。

    まほうのトカゲがでてきたけど、ぼくは虫なんかが好きなので花とちょうちょうの色をしたトカゲがいたら見てみたいです。

    ウィリーをねずみに変えてあげるなんていいことだと思いました。
    よかった。

    (小2息子の感想です)

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深いお話

    友情、無い物ねだりの嫉み、おもちゃ(物)はいずれ捨てられるということ、自由である事に素晴らしさ、いろいろ描かれています。子供にどこまで深く読めるかは?ですが、小学校低学年の国語の教科書にものっているだけあって、本当に良い話。最後はハッピーエンドだし。何よりもこのレオ・レオ二の絵がステキ。主人公のアレクサンダとぜんまいねずみだけでなく、魔法のトカゲがなぜかとても印象に残りました。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に大切なものは…

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    アレクサンダという本物のねずみと
    ぜんまいで動くおもちゃのねずみの交流と
    「本当に大切なものって何なのか」っていうのを
    深く考えさせられる物語になっていると思います。
    初めて読んだ時思わず泣いてしまって子どもに驚かれました(笑)

    掲載日:2009/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アレクサンダとぜんまいねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット