大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

しっぽのはたらき」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

しっぽのはたらき 作:川田 健
絵:薮内 正幸
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1972年
ISBN:9784834003154
評価スコア 4.75
評価ランキング 655
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろいろなしっぽ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    いろいろな動物のいろいろなしっぽが登場します。
    動物によってしっぽも役割が違うことがわかりますね。
    お話絵本が多いのでたまにはこういう絵本もいいかなと思って読んでみました。
    だれのしっぽかな?とちょっと考えながら読むのもいいです。

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにのしっぽかな?

    かがくのとも傑作集のシリーズが好きなので、購入しました。
    しっぽのやくわりが書いてあるだけではなく、次のページに出てくる動物のしっぽだけを出して、「このしっぽのもちぬしはなんでしょう」とクイズにもなっているので、飽きることなく、読むことが出来ました。
    最後には、「ほかにはなにの動物にしっぽがあるかな?」など、話を広げることができ、とても楽しい絵本でした。

    掲載日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    5歳の息子が真剣に読んでいます。
    しっぽの働き…動物によって色々なんですね。大人でも勉強になります。
    カンガルーは体を支える足のような役目をしていて、猿は威厳を示している。
    牛のしっぽはハエたたきの役目をしているって知らなかったな〜。
    さすが、かがくのともっていう内容です。充実してます。4〜5歳の子にピッタリだと思います。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!

    どちらかでこの絵本がお薦めされていたので借りてきました。

    同じ猿でも種類が違うとしっぽの働きまで違うんですね〜
    よくテレビなどで動物それぞれの生態などは紹介されていますが
    こうやって「しっぽ」に特化して比べてみると
    なるほどな〜!としっぽの奥深さに感心しました。


    絵本自体は難しくなく
    誰のしっぽかな?っとクイズ形式だったので楽しく読めました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んな役目があるんですね

    犬や牛、リスなど、いろいろな動物のしっぽの役目をそれぞれに分かりやすく教えてくれる絵本です。
    しっぽのはたらきと一口に言っても、実に様々な役目があって、大人の私が見てもなるほどなぁと感心しました。
    特に印象に残ったのはニホンザルのしっぽ。
    ちっちゃいしっぽだけど、ピンとしっぽを立てているのは群れの中でも強いサルなのだそうです。
    今度、動物園に行ったときにでも観察してみたいです。
    前ページにしっぽの絵が描かれていて、「なんのしっぽでしょう?」とクイズ感覚であてっこ出来るのも楽しいですね。

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽのはたらきが良く分かります

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    科学の絵本が最近のマイブームなので、薮内正幸さんの作品は良く読んでいます。
    最初のページで、
    「これは くもざるです。
    しっぽで くだものを 
    もぎとっています。
    べんりな しっぽですね」
    とあって、尻尾の先が見えません。
    前のページを見てもないので、腑に落ちなかったのですが、ふと読み終えて表紙をみると、尻尾の先が果物に巻きついています。
    それを、オオハシが見ているというのが表紙だったのですが、色鮮やかなオオハシに気を取られて気付きませんでした。

    本の構成は、右のページに動物の尻尾があって、「なんの しっぽでしょう?」という質問があり、めくると正体が判明するというもの。
    クイズ形式というのは、やはり楽しいものなので、盛り上がることは間違いありません。
    ただ、イルカとかトカゲとか登場するので、一寸統一感がないかなという感じがします。
    しっぽということがテーマですから良いのですが、陸上の動物に限定して比較した方が、理解が進んだと思います。

    専門家が監修しているだけあって、説明は非常に分かりやすいもの。
    科学の絵本として年少くらいからを対象にオススメします。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しっぽのはたらき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット