あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

トンとポンの絵本 おおきいトンと ちいさいポン」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

トンとポンの絵本 おおきいトンと ちいさいポン 作・絵:いわむら かずお
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1980年01月
ISBN:9784032275209
評価スコア 4.19
評価ランキング 16,433
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいらしい動物

    これ、いわむらかずおさんの絵本なんですね。
    14ひきシリーズが好きな娘は気に入りました。
    絵はとてもシンプルです。逆にストーリーは2歳だとまだ難しい場面もいくつかあります。
    「おおきい」「ちいさい」は理解しているので、最後のページまでじっくり見ることができています。
    いわむらかずおさんが描く動物たちは、本当にかわいらしくていいですね。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長所も短所も

    2歳9カ月の息子と読みました。
    おおきいトンは高いところに手が届くし、ちいさいポンは狭いところも
    通れるし。
    それぞれ、おおきいから得したり、損したりと色々な場面が描かれていて、中々分かりやすいです。
    一度読んで、子供が大喜びする類の本では無いかもしれないけれど、手元において、子供がこれ読んでと言った時に読んであげたい絵本だと思いました。
    小さい(子供だから)嫌だなと思うこともあるだろうし、逆に得したなと思うこともある、そういうことが分かっていく3歳前後の子供の心に響くのではないかなと思います。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきくてもちいさくても、ふたりは仲良し

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

     おはなしもわかりやすく、文もくりかえしが心地よくわかりやすいので、よく「読んで」とせがまれました。
     読むだけでなく絵で楽しむ感じです。
     
     おおきいトンが「おおきいのはいいなぁ」といって、ちいさいポンが「ちいさいのはいいなぁ」といって、いろんな状況によって、おおきいほうがよかったり、ちいさいほうがよかったりするわけですが、うちの子は体がちいさくて親として気にしているので、おおきいほうがいいという状況が多かったように思っちゃいました。
     子どもは自分のことに置き換えずに素直にお話に入り込んでいました。で、「おおきいほうとちいさいほう、どっちがいいと思う?」ときくと、深い意味もなく「おおきいほうー!」と明るく答えてくれました。
     さいごは、二人で助け合ったり、力をあわせて行動して、「ちいさいのもいいね」「おおきいのもいいね」となります。私は最後の二人のうしろ姿の絵のページで、「どっちでもいいね」「ふたりはなかよし」と付け加えて本を閉じます。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お互いいいね!

    自分のことを自慢できることが一番いいと思いました。

    相手のことばかり羨ましがるよりか、まず自分の良さを認めているのが

    よかったです。そのうえで、相手の良さにも気がついてお互いの良さに

    気づくのがよかったです。

    やっぱり、いわむらかずおさんの絵って魅力があります。

    トンとポンの動作、顔の表情まで楽しめます。

    やっぱり、相手のことを思いやっているなあってほのぼのしました。

    心が和むっていうか、ほっとできる絵本です。

    掲載日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい気持ち

    • ひなぎぬさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    背が高くて体の大きいトンと、背が低くて体の小さいポン。
    「大きいほうがいいよ」「小さいほうがいいよ」とお互いに譲りません。
    それぞれ、大きいほうがいい場面と小さいほうがいい場面が、交互に繰り返されます。

    大きいのも、小さいのも、どっちもいいね、と気付いて終わるのが、ほのぼのしていて好きです。

    小さいからできたこと、逆に、大きいからできたこと、
    2人が協力しあっている姿を見ると、やさしい気持ちになれます。
    きっと、違っているからいいんだね。

    子どもは自分の体が小さいせいかポンに肩入れしているようで、そんな様子もほほえましいです。

    掲載日:2008/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「トンとポンの絵本 おおきいトンと ちいさいポン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット