ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ふまんがあります」 大人が読んだ みんなの声

ふまんがあります 作:ヨシタケシンスケ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年09月18日
ISBN:9784569785028
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,408
みんなの声 総数 72
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 大人気シリーズの最新版ということでさっそく読んでみました。やはり、期待を裏切らないおもしろさで読みながら何度も笑ってしまいました。絵本というよりはコミックエッセイっぽいですね。この本に書かれているおとなの言い訳をうちのこどもは信じてくれるのか読み聞かせするのが楽しみです。ぜひ今度は男の子からお母さんへのバージョンの「ふまんがあります」を読んで見たいです。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不満を言う子どもに即答で面白い屁理屈を返すお父さん、最後は子どもの屁理屈に照れて言葉がでない様子です。面白くて、子どもより先に読んでしまいました。屁理屈でやりとりしながらも互いを尊重していることがわかる親子関係、大人も子どもも家庭に穏やかさを求めるのが当たり前なのだと再認識しました。

    掲載日:2017/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい王子様のくだりは笑っちゃいました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    とても楽しい娘とお父さんのやり取りがメインになっている作品です。
    子どものことをとてもよく観察していて、いかにも子どもが言いそうな「お父さん」への不満が次々と出てきてとても面白いです。

    わたしは、この本は大人が観察した目線で子どもの意見を描いているように感じました。
    まだ、子どもたちには読んだことがないのですが、実際子どもたちに読んであげたら、どんな感じに受け止めるのかなぁと、思いながら読みました。
    特に優しい王子様のくだりは笑っちゃいました。
    ちょっとページ数があるので、大勢いる読み聞かせには難しかもしれませんが、ブックトークなどでテーマに合わせた個所を読んであげるといいかもしれません。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるべくずるくならないで

    ラストのほうで、書かれていたとおり、大人はなるべくずるくならないようにがんばってほしいですね。
    子供の不満にたいして、対抗するお父さんの理由がなんともすごくて
    わたしも不満が残りました(笑)
    しかも、すらすらと流ちょうに出てきます。
    子供の不満は、そうよねっとうなづけるものが多かったです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不満は様々…

    本屋で見つけ、思わず手に取って読んだ絵本です。

    大人だけでなく、子どもにだって色々と不満があるんだということがリアルに描かれています。
    思わず笑ってしまったり、返答にちょっと無理があったり、面白い絵本でした。

    子どもだけでなく大人も楽しめるオススメの一冊です☆

    掲載日:2016/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    全ページ試し読みで読みました。

    「りゆうがあります」も面白かったけれど、こちらの絵本も面白い。
    女の子がぶつけてくる不満に対し、とっても面白いお父さんの返答。こんな返しが出来るお父さん素晴らしい!
    息子に読んであげたい一冊です。

    掲載日:2015/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常を暖かく描いている一冊☆

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    我が家の子供たちと読む前に、一足先に
    全ページ試し読みで読ませて戴きました。

    とにかく面白い!
    子供が不満に思っているオトナの「ずるいところ」が、
    これでもか、というほど列挙されていますが、
    どれもこれも、「そーだよね!」と我ながら思うものばっかり。

    どうしてオトナだけ夜更かししていいの?
    どうしてお風呂の時間は子供が決めるの?
    どうしてニュースみないといけないの?
    どうしてオトナだけウインナー2本?

    全部、私が子供のころに「どうして?」と思いながらも聞けず、
    そして、今子供に「どうして?」と聞かれていることばっかり!

    日常の本当にささいなところですが、
    よくまあこんなに見事に表現されているものだと、
    感服してしまいます。

    さらに面白いのは、その問いに対するお父さんの回答と、
    絵!
    お父さんが連行されるところの絵、
    かなりツボにハマりました。

    これはもう子供と一緒に読むしかない!

    そして最後の「子供のズルいところ」は、
    毎週末、我が家でも全く同じ会話があります。

    日常を暖かく描いている素敵な一冊。
    是非、全国の子育て中のお父さんお母さんたちに、
    お子さんと一緒に読んでいただきたい一冊です☆

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんあっぱれ!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    多くの子供が、子供時代に抱く不満に対するお答え本です。
    欲しいものを買ったらぬいぐるみにされる?宇宙人がいる?サンタさんがチェックする?
    こんな答え方をされたら、ちょっと大きな年齢の子ならきっとくすっと笑って去ってしまうのではないでしょうか。幼児なら信じてしまうのかな。

    真面目に答えなくユーモアで切り返して行くお父さんに脱帽です。
    楽しく読ませていただきました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるわかる

    大人向けとしてなら、とても面白いです。
    子供にはちょっと嘘ばっかりのお父さんは嫌かな(笑)
    でも、子供の頃に少なからず感じたことのある不満をたっぷりぶつけていて、それは「うんうん」と共感しました。
    最後のオチも良かったです。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパvs娘

    女の子の不満は、言われるとなんだかドキッ!としてしまうものばかり!

    けれどもパパは娘の不満に対して、華麗に都合よく?!かわしていくのです!

    どんな不満もさらりとかわしていたパパだったけど、最後のパパの照れ顔に私もニヤリ…。

    だって娘への不満なんて、もうどーでもよくなっちゃったんじゃない?
    きっと今まで以上に、娘に甘いパパになっちゃうんでしょうね(笑)

    パパと娘のやりとりに大笑いして、ラストはほんわか和んじゃう絵本でした!

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふまんがあります」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのもりのこや / パンダ銭湯 / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット