あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

ひとあし ひとあし」 大人が読んだ みんなの声

ひとあし ひとあし 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
ISBN:9784769020066
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,029
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生き延びるに足りる十分な知恵

    命を狙われて、とっさに出た言葉、
    「ぼくいろんなものの ながさを はかるんだ」
    しゃくとりむしが計ったのは、本当は相手の自尊心だったのかもしれませんね。

    純粋にその計る場所が面白いのでページをめくる楽しさがありました。
    そして、最後の大ピンチ、目に見えないものまでをはかった“しゃくとりむし”には
    思わず、お見事!と言ってあげたくなります。
    しゃくとりむし! 君には生き延びるに足りる知恵が十分にあるね! 

    『スイミー』と同じくらい、低学年の読みきかせや、教科書にすら掲載して欲しいと
    思ったレオニの作品でした。とてもお薦めです。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • みなそれぞれの才能があるんですよね☆

    小さいものも、みなそれぞれ「すごい才能を持っている」
    ということを教えてくれているように思いました。

    主人公の<しゃくとりむし>は、いろいろなものの長さを
    はかれるという才能を持っているんですよね!!!

    我が家の1歳の娘も「家族を笑顔にする才能」を持っています♪♪♪

    そして娘には、小さい子・小さいものに優しく接することが
    できる子に育って欲しいですね。

    どのページもとてもイラストがキレイですが、
    私は「フラミンゴの首の長さ」をはかるページが
    一番のお気に入りです☆

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 賢い!と叫ばずにはいられない本でした。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    こんなにもナイチンゲールを意地悪だと思ったのは初めてです。一休さんのとんち話にも通ずるところがあるなと思いながら読みました。ユーモアに溢れています。ページを贅沢に使って描かれているのもいいですね。めでたしめでたし。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々なものの長さ

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    みどりの草の中に小さな虫が歩いている。
    この絵本の表紙に、私は印象を受けた。
    その名は『しゃくとりむし』。
    私は大人になってから1度しゃくとりむしを見たことがあるが、
    みどりではなく茶色だった。
    小さな小さな、ホントに小さな虫だった。
    しゃくとりというだけあって、測りながら歩いているように見えた。

    この絵本に登場するしゃくとりむしも、長さを測れるのが自慢のようだ。
    この特技を利用して、敵から逃げることが出来る。

    しゃくとりむしは、鳥を測り続けた。
    体の長さ、足の長さ、くちばしの長さ、くびや尻尾の長さ。

    終いには、とんでもないものを測れと言われた。
    さあ、しゃくとりむしはどうしたかな?
    この小さなしゃくとりむしから目が離せません!

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんち比べ!?

    かしこい、シャクトリ虫のお話。

    腹ぺこのこまどりに食べられそうになった時に、こまどりの
    しっぽを計ってその場を凌いだのをきっかけに、いろんな鳥を
    計ることになってしまった、シャクトリ虫。

    ある朝出会った鳥に、「私の歌を計ってごらん。でないと食べちゃうよ。」
    と言われ、知恵をひねるのですが・・・・。

    歌を計る??どうやって??
    ところが、このシャクトリ虫がとても賢いんですよね。
    思わず、「なるほど!そういうことか!」と膝を叩いてしまいました。

    まるで、一休さんのとんち比べにも似た展開。でも、こういう
    意表をついた展開って、とても楽しいですね。
    この賢いシャクトリ虫は、きっと生き延びて立派な大人(蛾)に
    なったことでしょう!

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃくとりむしの知恵

    レオニさんの本を開くとき、「今回は、どんな絵なんだろう」と、いつもワクワクします。
    いろんな手法で、テイストの違う絵を見せてもらえるので、本当に楽しみです。

    今回も、色鮮やかな鳥が楽しめました。

    お話のほうは、しゃくとりむしの知恵が勝ったということでしょうか。
    食べられまいと必死になれば、いろんなことが思いつくものなんでしょう。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • かしこい尺取虫

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    小学生の頃に教科書で出会って以来、レオ・レオニのファンです。
    深い示唆に富んでいたり、
    その時の自分の心の有りようによって感じ方が違ったり、
    風刺やユーモアのエッセンスが入っていたり、
    谷川さんの絶妙な訳も相まって、
    どの作品も、子どもだけでなく大人も堪能できる所が大好きです。

    “ひとあし ひとあし”は、ごく最近初めて読みました。
    レオニと言えばネズミのイメージですが、
    色彩豊かな様々な鳥達が、本当に見事です。
    美しさに暫く見入ってしまいました。
    草原の中にほとんど溶け込んでいる尺取虫を、必死に探すのも楽しかったです^^

    駒鳥に食べられそうになった尺取虫。
    機転を利かせて窮地を脱しますが、
    意地悪なナイチンゲールの「歌声をはかれ」には、
    どうするのかヒヤヒヤしました。

    “どこまで声が届くか”をその答えにするのかな、と思って読み進めましたが、
    まさか逃げてしまうとは!!

    私の予想は裏切られましたが(笑)、
    はなから尺取虫を食べるつもりの意地悪な命題、
    真摯に答える道理もないですものね。

    もしも無理難題を吹っ掛けられたら、
    憤慨したり屈したりすることなく、
    尺取虫のように上手にスマートに立ち回れるようになりたいです^^

    掲載日:2011/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のオチも笑っちゃいます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    久しぶりにレオ=レオニの作品を読みました。
    レオ=レオニは、ねずみの登場する作品がとても多いですけど、この絵本の主人公はなんと、「しゃくとりむし」!
    「しゃくとりむし」を主人公に持ってくるその観察眼にまずびっくりです!

    最後のオチも笑っちゃいます。
    すごく素直に楽しい絵本です。読み語りに使ってもいいのですが、しゃくとりむしの居場所が、遠目だと分かりずらいかもしれません。
    お父さんやお母さんがお子さんに読んであげるのが一番いいかもしれません。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひとあし ひとあし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / バムとケロのさむいあさ / きょだいな きょだいな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット