十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

からすのパンやさん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

からすのパンやさん 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年09月
ISBN:9784032060706
評価スコア 4.8
評価ランキング 265
みんなの声 総数 445
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • とってもお世話になった絵本です

     とってもお世話になった絵本です。

     いずみがもりに、からすの夫婦がパンやさんをしています。
     子育て真っ最中で、大変です。
     童謡の“ななつのこ”をちょっと思い浮かべ読みました。
     売り物にできないパンをからすのこどもたちがおやつに食べていると…。

     長めの文ですが、内容の楽しさに2歳でもきちんと聞けました。
     たくさん出てくるからすくんを一羽一羽じっくり見つめていました。
     たくさんのパンのページも大好きで、読むたびにきょうりゅうパンが気に入っていました。
     この中で、今の時代ならパンやさんに並んでいるものあるかもしれませんね。

     こどもは、「繰り返しの文」もそうですが、「たくさんのもの」とか、「細かい絵」にも興味を示しますね。
     思い出の大切な一冊です。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    4
  • 見所満載!

    からすの森の、貧乏だけど仲の良いパン屋のからすの家族のお話。

    文章は長く、多いのですが、からすの家族が考えたアイディアあふれるおやつパンのページは、息子が、モノや動物の名前を覚え始めた1歳半の頃から気に入って開いて見ていました。自分の身近にあるもの(ボールや果物)や動物がパンになってるなんて、釘付けになって当然かも!

    2歳になって働く車に興味を持ち始めた息子は、今度は、火事だと勘違いしてパン屋にかけつける消防車やパトカーに夢中!!セリフもとてもリズム良く、歌い踊るように読んでます。

    何十羽というからすが登場しますが、1羽1羽とても個性豊かで、ゆっくりじっくり長い時間かけて楽しめる、そんな絵本です。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • 買いに行く〜!

    息子が0歳の頃、絵本を買ってあげようと
    主人と一緒に本屋さんへ行きました。

    すると、「この本、読んだな〜。大好きだったんだ。」といって、
    主人が手にしたのが、こちらの絵本でした。
    まだまだ、息子にとってはお話が長すぎて、
    興味をもつ様子もありませんでしたが、
    「よし、買おう!」と、主人の方が欲しくて買った一冊です。

    それからずーっと、振り向かれなった『からすのパンやさん』。
    息子が2歳になってようやく出番がやってきました!!!
    まだまだ、お話全部は聴いていられないのですが、
    パンやさんのおうちの赤ちゃんたちの名前を覚えたり、
    「この子どうしたの〜?」と言ったり、
    「これと、これと、これと、これのパン食べた(こと)ある〜!」
    と言って、パンを指差したりして楽しんでいます。

    そして、何といっても、2頁に亘って描かれたおもしろパン!
    チューリップパン、パンダパン、だるまパン、かめパン・・・
    じどうしゃパン・・・。
    もっともっと、ふふふっなパンが勢ぞろいしています!

    ある夜、そのページを見ていたら、息子が、
    「くるまパン(じどうしゃパン)買いに行く〜!パンやさんに行く〜!」
    と突然言い出しました。
    「もうパンやさんやってないよ〜。寝る時間だからね。」
    と私が言うと、「だめ〜!買いに行く!」と大騒ぎでした!

    主人と息子と、2世代でお気に入りの一冊です☆☆☆

    掲載日:2010/07/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • パンに感動したみたい

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。私は小学生の時に読んだので少々早いかな?と思いましたが、パンの絵本を探していたので、つい手にとってしまいました。30年たって読んでも本当にかわいい本です。

    からすのパン屋さんに赤ちゃんが生まれ、その赤ちゃんにおかしとして与えていたB級品のパンがお友達にうらやましがられる結果に。それをきっかけにパン屋がまだ大繁盛するというお話です。

    昔と変わらない素朴さがありますが、いろんな形のパンを作ったところが一番息子には楽しかったようです。もっとおもしろいところはあると思うのですが、今は言葉とモノが一致し、それがパンになっている、というところに面白さを感じるのですね。

    2歳には、この本を理解するには早すぎるかもしれませんが、どんな年齢層にもどこか楽しめるポイントがあるんだということを改めて教えてくれます。そのうち全部を理解できるときがくるとおもうので、それまでは息子が楽しんでいる視点で一緒に楽しんでやろうと思います。

    面白い形のパンでお子さんとコミュニケーションをとりたいという方にはオススメですよ。

    掲載日:2010/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 真剣

    食べ物の絵本が大好きな娘に
    いろんなパンが出てくると評判のこの本を読んでみました。

    ストーリーはいたって単純で
    2歳の娘でもなんとか追えるお話し。
    効くときは真剣にじっと聞いています。

    絵本の中にはとにかくいろんなパンが出てきます。

    娘はこれなぁに?これたべたい!と
    いろんなパンが大集合のページでは大喜び

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンが美味しそう

    レビューの評価が良いので読んでみました。
    昔懐かし感じの絵で、最初のページを見たときは文字も多いし、絵は古い感じだしで人気な理由がわからなかったのですが、読み進めてみると、これは面白いと納得でした。

    特にたくさんのパンが描かれてるページは子供が喜んでました。
    まだしっかりと内容は理解してないと思いますが、カラスを指してはカーカーと言っていて、パン好きでもあるのでとても興味を引いたようでした。

    掲載日:2015/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンがたくさん出てくるページは、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    大人でも見ていてテンションが上がってしまうのではないでしょうか?お話はともかく、パンがいっぱい描かれたページを見ながら「どれ食べたい?」「これ食べたい!」って遊ぶのが楽しくて仕方ないようです。この本に出てくるパンを実際に作ってみよう!という本も発売されているようですね。わかる気がします。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンがとってもおいしそう。

    娘が2歳の時に買いました。
    本の名前は聞いたことがあったのですが、
    手にすることなく過ぎていた本の一つです。

    まずからすの赤ちゃんの名前に喜び、
    お母さんが赤ちゃんのお世話に大騒ぎなことにも
    嬉しく(赤ちゃんのお世話が大好きです)、
    私がちょうどパン作りをしていた時期と重なって、
    とっても楽しく読みました。
    粘土遊びをするときも、この本を出してきます。

    カラス。って大人には余り人気のない鳥ですけれど、
    子どもには何気に人気者なんですよね〜。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

    友達の家にあって、私が大好きで何度も読ませてもらった絵本。
    店頭でみて懐かしく重い、今回、2歳10か月の息子に図書館で借りました。

    4羽のカラスの色と名前に親近感がわいて、ドキドキしながら読んだものでした。

    「サイチどん」とか「ゴロベエどん」などちょっとレトロな名前や
    「あっかん」などの昔の表現が多かったけれど、
    絵と文章がとてもマッチしていて、
    いい雰囲気を醸し出していて、良かったです。

    息子はたくさんのパンに夢中でした。
    「ママは○○パン、パパは◇◇パン〜」などと言っておりました。

    少し経ったら、続編4冊も読みたいです。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうな本

    長く読み継がれている本というのは、やっぱり子どもを惹きつける、
    魅力があるものだなぁと実感した本です。

    MOEで続編が発売されたという特集を見て、
    初めてこの作品を手にしました。

    かこさとしさんの絵本は、小さい子に読み聞かせをするには、
    少々長いですが、それでも出てくる絵に惹きつけられて、
    子どもは最後までしっかり聞いてくれます。

    ストーリーもさることながら、絵がとにかくすばらしい。
    よくもこれだけたくさんのパンが思いつくなぁと思う程、
    いろんなパンが出てきて、そのページに親子揃って釘付けです。

    「じどうしゃパンは?」「パンダパンは?」と質問を出し、
    ページいっぱいに描かれたパンの中から、探しっこをするのも、
    楽しみの一つです。

    チョコちゃん、オモチちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃんの、
    成長物語も期待しています。

    掲載日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「からすのパンやさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / しょうぼうじどうしゃじぷた / 14ひきのあさごはん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット