おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

からすのパンやさん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

からすのパンやさん 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年09月
ISBN:9784032060706
評価スコア 4.8
評価ランキング 265
みんなの声 総数 445
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きいろいかざぐるまにならぶよ☆

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    娘が図書館で借りたビデオに、このからすのパンやさんがありました。アニメになっていて、可愛らしい絵になっていましたが、親の私にはやっぱり「かこさとしさんの絵!」がやっぱり馴染み深いです。

    そんな懐かしい絵の絵本を見せたくて、クリスマスプレゼントに娘へ贈ろうかと思っていましたが、娘はおばあちゃんにちゃっかりおねだりしていました・・・。

    おばあちゃんは、と遠くにすんでいるのですが、おばあちゃんはおばあちゃんで、娘からおねだりされた次の日には送ってくれました。クリスマスにはまだ早いのですがね〜!娘が可愛くて仕方が無いようです。

    娘は、包装紙を開けると、『やったー!からすのパンやさんだ♪』と言って、ページをペラペラめくってすらすら読んで、カラスの子供達の名前をすぐに思い出して、カラスの色と名前を言い当てていました。名前もユニークで面白いです。

    パンがページにいっぱい載っているところでは、『このパン全部食べてみたい〜!!!』と大興奮!!!!!かざぐるまのところでは、『私は、きいろのかざぐるまにならぶ☆』と言って、絵本の世界の住人にでもなったかのように話していました。

    なんできいろのかざぐるまなの?と聞いたら『メロンパンが1個食べたいから』ですって!パンの種類がたくさんあるのに、1個だけ?と聞いたら、『メロンパンは大きいから1個でお腹がいっぱいになっちゃうもん』と言っていました。

    娘はすっかり忘れてしまっていましたが、実は、この本は、この子が4歳くらいのときに図書館で借りていて、そのときは、たくさんのパンのページでは、パンを食べる真似をして、口に入れてもぐもぐやって、もうお腹いっぱいと可愛いことを言っていましたが、さすがに6歳になってはやらなくなりました。さすがに6歳になると現実的になるのね〜と成長を感じました。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本好きになった、きっかけの1冊

    小学生になった息子が宿題の音読を大好きになり、そしてこの絵本をきっかけに絵本が大好きになった思い出の1冊です。

    とっても可愛いカラフルなカラスの子供達ですが、子育てに奮闘するのは人間もカラスも同じなんですね〜カラスたちが大集結するさまは、子供達もワクワクドキドキ。そして何といってもお気に入りの場面は、見開き一杯に並んだ様々な「パン」の所です。あそこだけでどれだけの時間がたったことか・・・。何回読んでも飽きることなく、いつも「パン」のページで子供達は、楽しそうにあれこれ言い合っています。

    我が子を絵本好きにしてくれた、この絵本に出会えた事にただただ感謝の気持ちで一杯です。
    これからもこの絵本は、ず〜と大切にして子供から孫へとず〜と読み継がれていって欲しいなぁ〜と思います。本当にありがとう〜!!

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • からすのパンが売れたわけ

    カラスのパン屋さんが、子どもたちのおかげで大ブレイク。
    子育てのせいで雑になったパン作り。
    失敗作をおやつにしていた子どもたちは、みごとな宣伝マンでした。
    消防車、救急車、警察までが飛び出すドタバタ展開。
    かこさんのエスカレートしていく展開はとても楽しくて、好きです。
    いろいろなパンが出てきますが、身の回りの物をパンにしてみると、見た目に楽しいですよね。
    パンが食べたくなる絵本です。

    掲載日:2013/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • これを読んでパズルを買いました!

    とてもかわいい絵本でもはやこどもたちは大好き。

    幼稚園で読んでもらったり、図書館で借りたり、我が家でも私が好んで読み聞かせたり。
    うちの娘たちには定番の絵本です。

    こちらの絵本ナビのショップでからすのパンやさんのパズルを見つけたので購入しました。
    なかなか細かくて難しいのですが、3歳の娘は気に入りすぎて一日一回やってます。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっぺたおちそう!

    • ねこなさん
    • 30代
    • その他の方
    • 埼玉県

    パンがね、おいしそうなんですよ。
    ほっぺた落ちそうなくらい、おいしそうなんですよ。
    小さい頃は、この本を読むと「パン作る!」といって、母親や父親を巻き込んではパンを焼いていました。
    それくらい、見開きページのパンはおいしそうなんです。
    そして、出てくるカラスが一羽一羽個性的です。
    パン屋さんの子どもたちもカラフルですし、パンを買い求めにくるカラス達も個性的。
    大勢の子どもに読み聞かせるのもよいですが、隣に座って、「これは○○パン」とか「この、メガネかけているカラスは…」とか話しながら読むのにも向いています。
    脇役のカラスにもストーリーをつけてあげると、またお話が広がりますよ。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長く読んできて

    私が子供の頃にも、読んだ作品です。

    昔の私がそうだったように、うちの子も一番夢中になったページは、たくさんのパンが出てくる場面でした。
    「私は、このパンが好き。お母さんは?」などと言いながら、親子で楽しんでいます。

    親となってから改めて読むと、カラスのパパママの一生懸命な姿に感動します。
    我が子のために、大忙しではたらき、お客さんのために、すてきな形のパンを考えています。

    数十年たっても、新しい感動を与えてくれる作品に出逢うことができて、本当によかったと思っています。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「からすのパンやさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / しょうぼうじどうしゃじぷた / 14ひきのあさごはん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット