ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

からすのパンやさん」 大人が読んだ みんなの声

からすのパンやさん 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年09月
ISBN:9784032060706
評価スコア 4.8
評価ランキング 266
みんなの声 総数 445
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 子供の頃に出会いたかった。

    • 由衣2さん
    • 20代
    • その他の方
    • 群馬県

    私は小さいころから本が大好きで、
    絵本に関してもたくさん読んできたつもりでした。

    ところがこの絵本のことは大人になるまで知らず、
    つい最近初めて読みました。

    大人が読んでも楽しくて、お気に入りの1冊になりました。
    と同時に、「子供の頃に出会えていたらな」と思いました。
    もし幼稚園くらいの頃に私がこの絵本を読んだとしたら、
    間違いなく、今以上に夢中になったはずです。
    なので、小さなお子さんをお持ちの方は、ぜひ、
    子供の頃にこの絵本と出会わせてあげてください。

    この絵本の見どころは、見開き2ページにわたって描かれた
    たくさんのパンだと思います。
    どのパンも美味しそうで、見ているだけで楽しいです。

    ただ、私の1番お気に入りのページはここではありません。
    私のお気に入りは、チョコちゃんたち4兄弟が、
    お父さんと同じ帽子をかぶり、頑張ってパンを作っているところです。
    1人前に張り切っている姿が微笑ましくて、応援したくなります。

    からすは怖くて不気味なイメージがありますが、
    この絵本のからす達はとてもかわいくて、
    からすに対する見方がちょっと変わるかもしれません。
    あんなカラフルなからすが、現実にもいたらいいのになと思います。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    3
  • 楽しい絵本

    タイトルが気になって読んでみたいと思い、購入。子供たちも幼稚園時代に読んだことがありました。おもしろい形のパンがたくさん出てきて、楽しい気持ちになります。私は料理教室でパン作りを習っているので、おもしろい形のパンが作れたら楽しくて最高だろうなと思いました。続編も読んでみたいです。

    掲載日:2013/09/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 思い出の一冊

    小さいころに母親がよく読んでくれていた本の中の一冊です。
    自分も子供が欲しいと思う歳になった今、何故だか無性に

    “もう一度あの絵本を読んでみたい”

    と思って自分用に購入しました。
    約20年ぶりにこの本を読んで
    お父さんからすとお母さんからすが2羽とも育児をしているところや
    貧乏でも子供が元気ならそれで良いといった感じ
    家族皆で協力してお店を立派にしていく内容から
    “家族のあり方”を教えてくれていたのかなと思いました。

    自分の子供にも是非読んであげたい本です。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 魅力的なパン屋さん

    ロングセラーなのに読んだことがなく読んでみました。
    面白い!!
    からすってゴミをあさったりして怖いイメージなのであまり好きにはなれないのですが、からすが主人公でこんなにも可愛く面白く描写できることに驚きです。ストーリーも面白くすんなり物語の中に入っていけました。
    いろんなパンがページの見開きいっぱいに描かれているのは圧巻で、ひとつひとつじっくり見たくなります。
    パン屋さの大盛況の様子もカラスならではでうまく描かれていて、とっても面白い!ロングセラーのわけがわかりました。世代を超えて愛される素敵な絵本なんだなあと実感しました。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「からすのパンやさん」
    かこ さとしさんのお名前も聞いたことがありました。

    先日、「コドモエ10月号」が読みたくて
    購入しました。
    からすのパンやさんショッピングバッグの付録がついていて、
    それを見ているうちに、
    絵本が読みたくなりました。

    とても有名ですが
    私は子育て真っ最中だったころ、
    読んだかどうか覚えてなくて、
    すごく新鮮な気持ちでした。

    私はパンが大好きで
    パン屋さんでいろんなパンを買います。

    からすのパンやさんのご夫婦が
    4羽のからすの子育てに追われ、
    子供たちの成長の様子、
    お店の様子、
    買いに来るお友達や お客さんのカラスたち。
    いろんなカラスの絵や、
    ありえるような ありえないような
    いろんなパン、
    文字と文章で
    読み取り方は 読む人しだいで楽しめそうな絵本だと思いました。

    たくさんのからすの絵があるのですが、
    4羽の子供たちは
    色と名前が結びついて覚えやすいですね!

    1度は読んでおきたい
    みんなが知ってる絵本、
    今回あらためて この絵本に出会えてよかったです。

    掲載日:2015/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 舞踊からのインスピレーション

    恥ずかしながら、初めて読みました。
    ただパンがたくさん出てくるお話だと思っていたのですが・・・。

    カラスの夫婦に子どもが生まれて、お店がうまくいかなくなること。
    子どもの友達にお店が汚いことを指摘されたり・・・。
    大人が読んでも思わずくすっとなってしまう絵本ですね。

    後書きによるとかこさとしさんが舞踊からインスピレーションを得て、脇役たちを細かく書き込む取り組みをしてみたのだとか。
    ただ絵本のことだけを考えているんじゃないんだなぁと妙に感心してしまいました。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • そういえば読んだことがある

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    嫁から進められて手に取った1冊です。
    表紙を見てもピンとこなかったけれど、読んでいくうちに記憶が蘇ってきました。
    そういえば、昔どこかで読んだことがあるなあ、と。
    当時、この絵本に出てくるパンに心を躍らせていたことを少し思い出しました。
    大人になって読んでもワクワクする絵本です。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目指すは親子三代!

    子どもの頃から大好きな絵本です。
    何度も読みすぎて、ほとんど文章を覚えてしまったくらい!
    ところどころに落書きがあったり、破れていたりとかなりぼろぼろになってしまっていますが、息子も気に入ってくれるといいな。

    もともとこの本は、母が自分用にと持っていたものでした。
    新しいたくさんの絵本の中からお気に入りを探すのも好きですが、こうやって親子でずっと大切にできるって素敵ですね。

    からすのパンやさん一家が作ったいろんな形のパンが魅力的で、眺めているだけでもワクワクします。
    でも私が一番好きなのは、お父さんとお母さんが子どもたちの面倒を見ながら一生懸命作っていた、そして失敗して少しこげちゃったパン。
    あのページを読むたび、ふわぁっとパンの香ばしい匂いが漂ってくるようです。
    あぁ、食べたいっ!!
    きっと、両親の愛情がたくさん詰まっているからこんなに魅力をかんじるんでしょうね。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族とは・・・

    • テラニィさん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都
    • 女の子0歳

    ちいさいころからかこさとしさんの作品にふれてきましたが、
    からすのパンやさんは初めて読みました。

    4人子供がうまれててんやわんやするからすの夫婦。

    子育てと仕事の両立が大変で、家は貧乏に・・・


    家族みんなで作ったパンのバラエティにとんだ形。実際つくれないだろうけど、あったらたのしいパンたち。
    登場してくるからすたちがとても個性的で、とても見ごたえのある作品だとおもいました。


    普段カラスは怖い存在ですが、絵本のカラスは生き生きとしていて、
    好感をもちました。

    掲載日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族で商売繁盛!

    • ミミラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳

    会社勤めをしている私には、このお話はビジネスサクセスストーリーと受け取りました(笑)

    お父さんは真摯にものづくり。子どもたちは、広告宣伝役を担って、見事商売繁盛に導きます。

    大繁盛でお客さんが殺到したお店で、お父さんは風車を使ってひと工夫。お父さんの風車を使ったくだりは、お客の心理をついたうまい作戦だな、と思わず感心してしまいました。

    私の子どもはまだ2歳で、この絵本を読み聞かせるには、少し早いのですが、読み聞かせる時はそんな側面からもアプローチしてみようかな、と思ったりしました。

    でも、単純にカラスがパンやさんを開くなんて面白いお話しで楽しめますよねー。

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「からすのパンやさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / 14ひきのあさごはん / しょうぼうじどうしゃじぷた / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット