うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

まよなかのだいどころ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

まよなかのだいどころ 作・絵:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1982年
ISBN:9784572002693
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,478
みんなの声 総数 81
「まよなかのだいどころ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わからん!おもしろさ

    • どどさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    「かいじゅうたちのいるところ」のモーリスセンダックさんのお話。
    「かいじゅうたちのいるところ」が、こちらの想像以上に、ウケていたので、「まよなかのだいどころ」もいっしょに購入しました・・・・。

    が、
    「・・・・・・・。」

    とにかく、子どもたちには、面白かったようで、「かいじゅうたち・・・」よりも、こちらの「まよなかのだいどころ」を「読んで」と持ってくる率がたかいんです!

    長新太さんのナンセンス絵本以上に、わけがわからない!!
    長さんの絵本は、私にも、笑えます!!
    でも、この本は、、、、なんなの???
    外国の絵本だから?
    話の筋が、見えない・・・。

    でも、きっとそこがいいんでしょう。子どもたちは、楽しい冒険物語を楽しんでいるようだから!!!
    「わからんおもしろさ」がある絵本です。

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実に得意げ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    「かいじゅうたちのいるところ」が大好きになり
    早速読んでみました。
    皆が寝静まった夜に、ミッキーという男の子は
    台所にはだかんぼうになって降りていき
    不思議な不思議な世界に入っていきます

    でもミッキーの動じることなく堂々として
    得意げで自信満々なようすにほほえましくなります
    そして何事もなかったかのように
    当たり前のごとくベッドに戻っていく様子もかわいらしかったです

    いい夢が見れそうな一冊ですよ

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真夜中

    真夜中に、3人のパンやさんが、寝ないでパンを作っていると思うとなんだか楽しくなってこっそり起きて見てみたくなります。ミッキーをミルクと間違えてしまうなんて、おっちょこちょいの3人のパンやさんに親近感を感じました。ずんぐりむっくりの3人のパンやさんにもとても親近感が持てました。好きな仕事をしてパンを美味しく食べる人の顔を想像すると嬉しくなって頑張れるのかなって思いました。結構ミッキーもパンやさんのお手伝いを楽しそうにやってましたね。お手伝いできたのがきっと嬉しいのだと思いました。

    掲載日:2010/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の見る夢

    モーリス・センダックらしい、子供の想像の世界を上手く現している絵本でした☆
    大きく描かれたイラストと文字は内容にあっていて読みやすく、豪快で爽快な印象を引き立てていました。
    読んでいると一緒に歌いだしたくなるような楽しい絵本です。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外性にとんでいて。

    子供たちはこの本の意外なことの連続に釘付けにされている様子です。“しずかに!”と怒鳴るところなど、何度も何度も繰り返し叫んでいます。普段そうすることが許されていまいせいでしょうか。。。絵本の世界だからこそ、こんなにも不思議な世界に入っていけるとは、絵本の限りなさ、すばらしさに改めて脱帽です。

    掲載日:2010/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  •  センダックさんのセンスならではの作品です。
     ベッドの中のミッキーが、騒がしい音にどなったら、暗闇に落っこちて、裸になっちゃって、真夜中の台所で・・・。
     
     暗闇に落っこちるあたりから、この世界へ引き込まれます。
     裸に???でしたが、裸でなくっちゃこうはいきませんものね。
     あやうくパンケーキにされちゃうのかと思ったら、子どもたちにとっては羨ましいような夜の飛行。
     外の町の様子も、子どもたちが口にするお菓子箱やらジャムの瓶、シロップやらスープのパッケージのビルディングに目を奪われちゃいます。
     当時「しあげはミルク!」の台詞を覚えた息子は、しばらくの間食事の前に連呼していました。
     飛んだりフワフワ浮かんだりの世界が、子どもたちには魅力的なのだと思います。
     それにしてもミッキーは、ベッドに入ってからすこ〜しおなかが空いていたのかな?
     明日の朝のケーキのことをちょっと考えたりしちゃって、こんな世界へ行って来てしまったんじゃないかしら?
     天の川のミルク入りのケーキは、とってもおいしいでしょうねぇ。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まよなかのだいどころ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / バムとケロのそらのたび / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット