あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

またもりへ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

またもりへ 作・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:まさき るりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1969年03月
ISBN:9784834006599
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,987
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な。。

    「もりのなか」の続編ということで読んでみました。
    前作で仲良くなった動物たちとまた出会えてとてもうれしく思いました。

    また、今回もお父さんの声で、動物達が消えてしまうのですが、
    ページの端の方にねずみとヘビだけ消えずに残っていることから、
    動物達と遊んだことは、幻想だったのか?
    いやいや、本当に体験したことなんだよ?
    ・・・とどちらともつかない不思議な余韻を残してよかったです。

    掲載日:2014/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容が深い

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    4歳の娘に読みました。
    『もりのなか』の続編です。
    『もりのなか』の登場人物が出てくるので、懐かしく思い出しながら読み聞かせしました。
    ページ数は少なくありませんが、同じ表現が出てくるので、分かりやすく、
    娘も内容を理解しているようです。
    翻訳の語り口調も優しく、ほのぼのとした気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2013/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    4歳の娘と読みました。「もりのなか」の続編です。どんなものか気になって読んでみました。一応お話は前作の続きみたいな感じで始まりますが、待っていてくれた動物は前作に出てこなかったのも居ます。発表会をして誰が一番か競います。どの動物の得意芸もすごく面白かったです。そして誰が一番になったか、の結論も、なるほど〜と思いました。

    掲載日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • よろしい、なかなかよろしい

    娘が幼稚園から借りてきた本です。
    白黒の版画のような独特なタッチは、なんとも不思議な感じがします。
    でも内容はとても温かなもので
    笑うことが特別な魔法のような気がしてくるのが不思議です。
    何度も出てくる「よろしい、なかなかよろしい」というゾウのセリフは
    しばらく我が家の流行語になりました。
    こちらは続編のようなので、前作『もりのなかへ』も読んでみようと思います。

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「またもりへ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット